ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

開館二十五周年記念 春山文典展 開催のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月16日更新

開館二十五周年記念 春山文典展 宙・大地 風わたる-金属造形による

おぶせミュージアム・中島千波館の開館二十五周年を記念して、小布施出身で当館でも多くの作品を収蔵している金属造形作家の春山文典(1945~)の昨年(2016年)の日本芸術院受賞記念と併せ、個展を開催します。

作品はアルミニウム、ブロンズなど硬い印象を受ける金属を扱っていますが、作品はこれまで一貫して自然をテーマにし、自然と対峙しながら作品を制作してきました。金属でありながらやわらかな雰囲気があるのが特徴と言えます。

日展や日本現代工芸美術展で受賞を重ねるだけでなく、パブリックアートも多く手掛け、小布施町内でも作品を見ることができます。本展では昨年日本芸術院賞の受賞作である「宙の河」(日本芸術院蔵)をはじめ、過去の作品から近作までを一堂に展示します。どうぞご覧ください。   

 soranokawa 春山文典「宙の河」(日本芸術院蔵)

会期

9月1日(金曜日)~10月3日(火曜日) 会期中無休

開館時間

午前9時~午後5時

入館料

一般500円、高校生250円、中学生以下無料

主な出品作品(予定)

furagu

「フラッグ-4月」 2013年 アルミニウム

seisinnotou

「星辰の塔」 2014年 アルミニウム

kazenoza

「風の座」 2012年 アルミニウム

ほか

イベント

作家によるギャラリートーク

日時:9月1日(金曜日) 10時~ 

参加費:無料(ただし、入館料のみ必要)

 

鋳造体験ワークショップ「錫(スズ)でストラップ作り」(要予約)

春山文典さんと一緒に、「錫(すず)」という材質の金属を使用したワークショップを行います。型に溶かした金属を流しこんで、自分だけのストラップを作成します。

日時:9月24日(日曜日) 午後1時30分~

対象:小学校高学年~(但し、保護者同伴であれば小学校低学年も可)

参加費:一般1,000円/高校生以下500円 (入館料含む)

定員:20人(先着順で定員に達し次第締切となります)

講師:春山文典さん、丸山祐介さん(横浜美術大学)