ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化・美術館 > 歴史・史跡・文化財・美術館 > おぶせミュージアム・中島千波館 > 開館二十五周年記念「今治市大三島美術館コレクション展」開催中です

開館二十五周年記念「今治市大三島美術館コレクション展」開催中です

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月29日更新

開館二十五周年記念「今治市大三島美術館コレクション展」

 senokaori 青木淑江「潮の香」 今治市大三島美術館蔵

今治市大三島美術館は、瀬戸内海にある大三島に、昭和61年に現代日本画を扱う美術館としてオープンしました。収蔵作品は、中島千波をはじめ、昭和15年以降に誕生した作家の作品が主なものです。

当館では、平成8年に特別交流展として「大三島美術館館蔵品展」を開催した縁もあります。現在は今治市に合併となりまたが、当時は大三島町として美術館が誕生、当館も町立の美術館であったことから交流が始まりました。現在日本画壇で活躍している作家たちが、若手作家だった頃の作品、約30点が、20年ぶりに小布施に集まります。ぜひご覧ください。

 

会期

5月12日(金曜日)~6月27日(火曜日) 会期中無休

開館時間

午前9時~午後5時

入館料

一般500円、高校生250円、中学生以下無料

協力

今治市大三島美術館

主な出品作品

竹内浩一「白包み」

智内兄助「花立つ」

中島千波「精樹大楠」

中島千波「しまなみ海道大島 亀老山より」

畠中光享「三人の供養者 チェンダ」・「三人の供養者 アンバパーリー」・「三人の供養者 スジャータ」

そのほかについてはこちらの出品目録をご覧ください。

出品目録 [PDFファイル/112KB]

出品作家

青木淑江、石踊達哉、伊藤はるみ、岩崎絵里、河股幸和、黒沢正、黒光茂樹、坂本一樹、竹内浩一、智内兄助、坪内滄明、中島千波、中野嘉之、畠中光享、星野友利

イベント

今治市大三島美術館学芸員によるギャラリートーク  ※終了しました

日時:5月28日(日曜日) 午前11時~ 

講師:稲葉千容氏(今治市大三島美術館学芸員)

ミュージアムコンサート「水張り月の宴」

日時:6月3日(土曜日) 午後4時30分開場、午後5時開演

出演:伝統芸能ユニット「和力」

    加藤木 朗、木村 俊介、小野 越郎

チケット:大人3,500円、中学生以下1,500円(入館料込み)

特別企画

 taoru1

会期中、今治市の特産である今治タオルを販売しています。

この機会にぜひお求めください。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)