ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

郷土の作家シリーズ(21) 榊原澄人展 開催のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月1日更新

郷土の作家シリーズ(21) 榊原澄人展 アニメーション・インスタレーション

長野県内ゆかりの作家を紹介する「郷土の作家シリーズ」の21回目。当館としては初の試みとなる映像をテーマにした展覧会となります。現在、長野在住のアニメーション作家、榊原澄人(1980~)のこれまでの映像作品を一挙に公開します。
ヒエロニムス・ボスやピーテル・ブリューゲルといった北方ルネサンス時代の画家や、日本の琳派などの影響が見られる作品は、モチーフが変化し、反復し、流れていくという不思議な世界感を繰り広げています。
とめどなく流れていく映像は、すべてを見たいのに同時に見ることができないもどかしさがありますが、それが彼の作品の特徴でもあります。ユーモラスでありながら人間の闇も表現している作品の数々を、じっくりとご覧いただけたら幸いです。

 kurohime13 「黒姫物語」より

会期

7月1日(土曜日)~8月29日(火曜日) 会期中無休

開館時間

午前9時~午後6時

入館料

一般500円、高校生250円、中学生以下無料

主な出品作品(予定)

awaimizu

「淡い水の中」2007年

flow

「浮楼」2005年

einmotion2

「E in Motion No.2」2013年

ほか

イベント

作家によるギャラリートーク

日時:7月1日(土曜日) 14時~ 

参加費:無料(ただし、入館料のみ必要)

 

ワークショップ「パラパラ漫画を楽しく作ってみよう!」

榊原澄人さんと一緒に、アニメーションのしくみがわかる「パラパラ漫画」を一緒に作って楽しみます。

日時:8月26日(土曜日) 13時~17時 要予約

榊原澄人