ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習・生涯スポーツ > 生涯学習 > 第43回人権フェスティバルを開催します

第43回人権フェスティバルを開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

同和問題をはじめとする、あらゆる差別をなくし、一人ひとりが大切にされるまちづくりを進めるため、第43回人権フェスティバルを開催します。
今回は、昭和の歌謡史に残る「なみだの操」が大ヒットした「殿さまキングス」の多田そうべいさんに「命を考える!」と題しご講演いただきます。皆さんご参加ください。

日時

12月2日(土曜日) 午後1時30分~4時

場所

北斎ホール

内容

第一部 人権同和教育啓発ポスター・作文・標語入賞者表彰・発表

栗ガ丘小学校、小布施中学校の児童生徒による人権啓発ポスター・作文・標語の入賞者を表彰し、優秀作品を発表します。

第二部 講演会

演題 「命を考える!」

講師 多田そうべい さん

講師プロフィール

昭和16年、大阪・高槻市生まれ。父は作家でダダイストとして著名な多田文三。昭和36年~41年までギター・ボーカルとして東京を中心に、ハワイアン界の第一線で活躍。バッキー白片とアロハハワイアンズにも在籍。昭和42年、コミックバンド「殿さまキングス」に入団。昭和49年、「なみだの操」が昭和の歌謡史に残る大ヒット(350万枚突破)。昭和59年、グループ活動と並行して、生涯学習塾「大人の寺子屋」を開設。平成2年、23年間の活動の後、「殿さまキングス」は解散。以来、講演活動の傍ら、本格的な執筆に力を注ぐ。異業種サークル「小僧六歩(こぞうろっぽ)の会」事務局長を12年間歴任。平成3年より骨髄バンク支援の「命のつどい」を全国規模で継続中。平成12年、「命のつどい」がNPO法人となり、理事長に就任。平成14年、「寺子屋楽団」を結成。お手軽で楽しいバンドとして各イベントで活躍中。

 【著書】 

北の十文字大賞、「真也に」が平凡社より発刊(平成6年)
「心にビタミンを!」(平成12年)
「童話で心にビタミンを!」(平成14年)
その他、新聞、雑誌などエッセイ寄稿多数。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。