ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 議会 > 議会 > 平成23年12月会議 会議録 12月16日

平成23年12月会議 会議録 12月16日

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月10日更新

平成23年小布施町議会12月会議会議録

 

議 事 日 程(第4号)

 

                   平成23年12月16日(金曜日)午後2時30分開議

      開  議

      諸般の報告

      議事日程の報告

日程第 1 総務産業常任委員長報告

日程第 2 議案第31号 小布施町職員定数条例の一部を改正する条例について

日程第 3 議案第33号 小布施町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例につい

             て

日程第 4 議案第34号 小布施町税条例等の一部を改正する条例について

日程第 5 議案第35号 小布施町消防団条例の一部を改正する条例について

日程第 6 議案第36号 平成23年度小布施町一般会計補正予算について

日程第 7 議案第41号 平成23年度小布施町下水道事業特別会計補正予算について

日程第 8 議案第42号 平成23年度小布施町農業集落排水事業特別会計補正予算につい

             て

日程第 9 議案第43号 平成23年度小布施町水道事業会計補正予算について

日程第10 社会文教常任委員長報告

日程第11 議案第32号 特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一

             部を改正する条例について

日程第12 議案第37号 平成23年度小布施町国民健康保険特別会計補正予算について

日程第13 議案第38号 平成23年度小布施町後期高齢者医療特別会計補正予算について

日程第14 議案第39号 平成23年度小布施町介護保険特別会計補正予算について

日程第15 議案第40号 平成23年度小布施町霊園事業特別会計補正予算について

日程第16 政策立案常任委員長報告

日程第17 陳情第 7号 耐震診断・耐震改修に関する陳情書

日程第18 議案第44号 固定資産評価審査委員会委員の選任について

日程第19 発委第 1号 小布施町長の専決処分事項の指定について

日程第20 選挙第 8号 小布施町選挙管理委員の選挙について

日程第21 選挙第 9号 小布施町選挙管理委員補充員の選挙について

日程第22 議会報告第8号 財政援助団体に対する監査の報告について

日程第23 議会報告第9号 出納検査の報告について

────────────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

────────────────────────────────────────────

出席議員(14名)

     1番  原   勝 巳 君      2番  小 林 一 広 君

     3番  渡 辺   高 君      4番  小 西 和 実 君

     5番  小 林   茂 君      6番  冨 岡 信 男 君

     7番  山 岸 裕 始 君      8番  川 上 健 一 君

     9番  大 島 孝 司 君     10番  小 渕   晃 君

    11番  関 谷 明 生 君     12番  渡 辺 建 次 君

    13番  関   悦 子 君     14番  小 林 正 子 君

欠席議員(なし)

────────────────────────────────────────────

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

町長

市 村 良 三 君

副町長

小 西   勝 君

健康福祉部門総括参事

竹 内 節 夫 君

健康福祉部門

グループリーダー

中 條 明 則 君

地域創生部門総括参事

八 代 良 一 君

地域創生部門

グループリーダー

畔 上 敏 春 君

行政経営部門総括参事

久保田 隆 生 君

会計管理者(兼)滞納対策

担当参事

田 中 助 一 君

行政経営部門

グループリーダー

西 原 周 二 君

教育委員長

中 島   聰 君

教育長

竹 内   隆 君

教育委員会

ミュージアム

経営改善推進幹

池 田 清 人 君

監査委員

畔 上   洋 君

 

 

────────────────────────────────────────────

事務局職員出席者

議会事務局長

三 輪   茂

書記

下 田   誠

 

開議 午後 2時30分

 

◎開議の宣告

○議長(小渕 晃君) ご苦労さまです。

議員総数14名中、ただいまの出席議員は14名で、定足数に達しております。

これより本日の会議を開きます。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎諸般の報告

○議長(小渕 晃君) この際、日程に入るに先立ち、諸般の報告事項について申し上げます。

交流・産業振興推進幹、冨岡広記君から、都合により欠席する旨の届け出がありましたので報告いたします。

以上で諸般の報告を終わります。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎議事日程の報告

○議長(小渕 晃君) 本日の日程は、お手元へ配付いたしました印刷物のとおりであります。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告(議案)

○議長(小渕 晃君) これより直ちに日程に入ります。

日程第1、総務産業常任委員長報告を行います。

総務産業常任委員会に付託されました議案、日程第2、議案第31号から日程第9、議案第43号までを、会議規則第37条の規定に一括議題とし、所管委員長の審査報告を求めます。

渡辺総務産業常任委員長。

〔総務産業常任委員長 渡辺建次君登壇〕

○総務産業常任委員長(渡辺建次君) 総務産業常任委員会審査報告。

総務産業常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

12月13日午前9時50分から公民館講堂において、委員7名中7名の出席と委員外議員多数の出席を得て、総務産業常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、12月会議で付託された議案第31号 小布施町職員定数条例の一部を改正する条例について、議案第33号 小布施町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第34号 小布施町税条例等の一部を改正する条例について、議案第35号 小布施町消防団条例の一部を改正する条例について、議案第36号 平成23年度小布施町一般会計補正予算について、議案第41号 平成23年度小布施町下水道事業特別会計補正予算について、議案第42号 平成23年度小布施町農業集落排水事業特別会計補正予算について、議案第43号 平成23年度小布施町水道事業会計補正予算についてであり、慎重に審査いたしました。

初めに、副町長、行政経営部門総括参事等の出席を求め、直ちに質疑を行いました。

議案第31号について、初めに議案に対する修正案が提出され、採決の結果、否決となりました。

議案第31号についての質疑、意見の主なものとして、重要な課題が多く、職員の配置に必要なため賛成等の発言がありました。

次に、議案第33号については、特に発言がありませんでした。

次に、議案第34号についての質疑、意見の主なものとして、過料を3万円から10万円に上げる理由は何か。いつから適用か。周知方法はどうするのか。現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための地方税法等の一部を改正する法律が平成23年6月30日に公布されているが、条例改正が今出されるのはなぜか等の発言がありました。

次に、議案第35号についての質疑、意見の主なものとして、近隣市町村で、市町村の区域内に勤務する者を定めているところはあるか。女性消防団員の任命については検討したのか等の発言がありました。

次に、議案第36号についての質疑、意見の主なものとして、財政調整基金繰入金の内容は何か。新しい公共の場づくりのためのモデル事業の委託料の内容は何か。町民税業務電算委託料は当初に見込めなかったのか。小布施ブランド戦略嘱託職員報酬の内容は何か。まちづくり研究所活動委託料の内容は何か。給与費明細書の中で、一般職員数が補正前から3.5名ふえているが、内容は何か等の発言がありました。

次に、議案第41号についての質疑、意見の主なものとして、職員数が0.5人減の内容は何か等の発言がありました。

次に、議案第42号、議案第43号については、特に発言がありませんでした。

以上が本委員会に付託された案件の審査内容であり、行政経営部門総括参事等から詳細な答弁があり、慎重審議をし、討論を省略して採決の結果、議案第31号は挙手多数、議案第33号、議案第34号、議案第35号、議案第36号、議案第41号、議案第42号及び議案第43号は、全員挙手で原案のとおり可決すべきものと決しました。

以上、総務産業常任委員長報告といたします。

平成23年12月16日、小布施町議会総務産業常任委員長、渡辺建次。

○議長(小渕 晃君) 以上で所管委員長報告が終わりました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告の一括質疑、討論、採決

○議長(小渕 晃君) これより一括して質疑に入ります。

委員長報告に対し質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕 晃君) 別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、議案第31号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第31号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手多数〕

○議長(小渕 晃君) 挙手多数であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第33号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第33号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第34号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第34号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手多数〕

○議長(小渕 晃君) 挙手多数であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第35号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第35号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第36号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第36号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第41号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第41号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第42号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第42号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第43号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第43号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告(議案)

○議長(小渕 晃君) 日程第10、社会文教常任委員長報告を行います。

社会文教常任委員会に付託されました議案、日程第11、議案第32号から日程第15、議案第40号までを、会議規則第37条の規定により一括議題とし、所管委員長の審査報告を求めます。

小林社会文教常任委員長。

〔社会文教常任委員長 小林 茂君登壇〕

○社会文教常任委員長(小林 茂君) 社会文教常任委員会審査報告を申し上げます。

社会文教常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

12月13日午前11時から公民館講堂において、委員7名中7名の出席と委員外議員多数の出席を得て、社会文教常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、12月会議で付託された議案第32号 特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、議案第37号 平成23年度小布施町国民健康保険特別会計補正予算について、議案第38号 平成23年度小布施町後期高齢者医療特別会計補正予算について、議案第39号 平成23年度小布施町介護保険特別会計補正予算について、議案第40号 平成23年度小布施町霊園事業特別会計補正予算についてであり、慎重に審査いたしました。

初めに、副町長、健康福祉部門総括参事等の出席を求め、直ちに質疑を行いました。

議案第32号についての質疑、意見の主なものとして、スポーツ振興法の全部改正により制定されたスポーツ基本法による変更であり、賛成。小布施町にスポーツ推進委員は何人いるのか等の発言がありました。

次に、議案第37号についての質疑、意見のものとして、職員手当減額の理由は何か。返納金の内容は何か。予算の見積もりは適正だったのか等の発言がありました。

次に、議案第38号についての質疑、意見の主なものとして、繰越金について、9月会議で決算認定したものがなぜ12月会議に補正予算で出されるのか等の発言がありました。

次に、議案第39号についての質疑、意見の主なものとして、システム改修と人事異動は関係あるのか。システム改修の内容は何か。介護認定審査会の認定調査の内容は何か等の発言がありました。

次に、議案第40号についての質疑、意見の主なものとして、霊園は何カ所あるのか。空き区画はあるのか。1区画の値段は幾らか等の発言がありました。

以上が本委員会に付託された案件の審査内容であり、副町長、健康福祉部門総括参事等から詳細な答弁があり、慎重審議をし、討論を省略して採決の結果、議案第32号、議案第37号、議案第38号、議案第39号及び議案第40号は全員挙手で原案のとおり可決すべきものと決しました。

以上、社会文教常任委員長報告といたします。

平成23年12月16日、小布施町議会社会文教常任委員長、小林 茂。

○議長(小渕 晃君) 以上で所管委員長報告が終わりました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告の一括質疑、討論、採決

○議長(小渕 晃君) これより一括して質疑に入ります。

委員長報告に対し質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕 晃君) 別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、議案第32号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第32号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手多数〕

○議長(小渕 晃君) 挙手多数であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第37号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第37号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第38号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第38号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第39号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第39号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第40号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第40号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告(陳情)

○議長(小渕 晃君) 日程第16、政策立案常任委員長報告を行います。

日程第17、陳情第7号について、所管委員長の審査報告を求めます。

川上政策立案常任委員長。

〔政策立案常任委員長 川上健一君登壇〕

○政策立案常任委員長(川上健一君) 政策立案常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

12月13日午前9時から公民館講堂において、委員7名中7名の出席と委員外議員多数の出席を得て、政策立案常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、12月会議で付託された陳情第7号 耐震診断・耐震改修に関する陳情書についてであり、陳情人に出席を求めて慎重に審査いたしました。

陳情第7号についての意見として、簡易診断はやらないのか。この陳情を一般住宅でなく特定建築物とした理由は何か。耐震改修促進法等に基づく指導、助言等は行っているのか。建築士事務所協会では国・県に対し、補助率アップの要望活動をしているのか等の発言がありました。

以上が本委員会に付託された案件の審査内容であり、慎重審議をし、討論を省略して採決の結果、陳情第7号は、全員挙手で原案のとおり採択すべきものと決しました。

また、12月14日午前8時45分から議会控室において、委員7名中7名の出席を得て、政策立案常任委員会を開きました。採択した陳情第7号について、会議規則第95条の規定により審査意見をつけ、町長に送付することに決しました。審査意見につきましては、お手元の資料のとおりであります。

以上、政策立案常任委員長報告といたします。

平成23年12月16日、小布施町議会政策立案常任委員長、川上健一。

○議長(小渕 晃君) 以上で所管委員長からの報告が終わりました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告の質疑、討論、採決

○議長(小渕 晃君) これより質疑に入ります。

委員長報告に対して質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕 晃君) 別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、陳情第7号に対し討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより陳情第7号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は採択であります。

本案を委員長報告のとおり採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本陳情を委員長報告のとおり採択することに決定いたしました。

お諮りいたします。

ただいま採択されました陳情第7号は、会議規則第95条の規定により、政策立案常任委員会の審査意見をつけ、町長に送付いたしたいと思います。これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、審査意見をつけ、町長に送付することに決定いたしました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎議案第44号の上程、説明、採決

○議長(小渕 晃君) 日程第18、議案第44号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

理事者から提案理由の説明を求めます。

市村町長。

〔提案理由説明〕

○議長(小渕 晃君) 以上で説明が終わりました。

本案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略して直ちに採決に入りたいと思います。これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、質疑、討論を省略して直ちに採決に入ります。

本案を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔起立全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員起立であります。

よって、議案第44号は原案のとおり同意することに決しました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎発委第1号の上程、説明、質疑、討論、採決

○議長(小渕 晃君) 日程第19、発委第1号 小布施町長の専決処分事項の指定についてを議題といたします。

議会運営委員会関委員長から提案理由の説明を求めます。

関議会運営委員長。

〔提案理由説明〕

○議長(小渕 晃君) 以上で発委第1号の説明が終わりました。

これより質疑に入ります。

本案に対し質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕 晃君) 別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、発委第1号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより発委第1号について採決いたします。

本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕 晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎小布施町選挙管理委員の選挙

○議長(小渕 晃君) 日程第20、選挙第8号 小布施町選挙管理委員の選挙を行います。

お諮りいたします。

選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これにご異議はございませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

お諮りいたします。

指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、議長において指名することに決しました。

小布施町選挙管理委員に飯沼睦子君、小林正治君、鶴田維爲君、呉羽勝正君を指名いたします。

お諮りいたします。

ただいま議長において指名いたしました4名を小布施町選挙管理委員の当選人と定めることにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、ただいま指名いたしました4名が当選されました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎小布施町選挙管理委員補充員の選挙

○議長(小渕 晃君) 日程第21、選挙第9号 小布施町選挙管理委員補充員の選挙を行います。

お諮りいたします。

選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これにご異議はございませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

お諮りいたします。

指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、議長において指名することに決しました。

小布施町選挙管理委員補充員に、第1位順位、唐沢由郎君、第2位順位、小林靖子君、第3位順位、八重田 敏君、第4位順位、鈴木俊樹君を指名いたします。

お諮りいたします。

ただいま議長において指名いたしました4名を小布施町選挙管理委員補充員の当選人と定めることにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、ただいま指名いたしました4名が当選されました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎財政援助団体に対する監査の報告

○議長(小渕 晃君) 日程第22、議会報告第8号 財政援助団体に対する監査の報告を行います。

事務局職員から朗読させます。

〔事務局長朗読〕

○議長(小渕 晃君) 以上で朗読が終わりました。

続いて、監査委員から報告を求めます。

畔上監査委員。

〔監査委員 畔上 洋君登壇〕

○監査委員(畔上 洋君) それでは、私のほうから、今般実施いたしました財政援助団体に対する監査についての報告をさせていただきます。

第1としまして、まず検査の概要でございますが、基本方針は、財政援助団体の監査に当たっては、公金の適正な支出を担保することを目的とし、出納その他の事務が適正かつ効率的に行われているか、財政援助の目的に沿った事業運営が適切に行われているかについて監査いたしました。

監査対象の団体は、小布施町体育協会、それと小布施町文化協会でございます。

3番目として、監査の範囲でございますが、平成22年度財政援助団体の出納その他の事務並びに担当部門の補助金の交付・清算事務等でございます。

4番目として、監査の視点でございますが、町から支出された公金が、財政援助団体を通じて、所期の目的どおり適正に執行、運営されているかを中心に、次の観点に基づき実施いたしました。

1としまして、補助金の財政援助の目的、内容が、公益上の必要性から見て妥当か。

2番目としまして、財政援助団体の運営は適切に行われているか。

3番目、補助金の申請手続等は適正か。

4番目、補助対象事業は計画的かつ効率的に執行されているか。

5として、会計経理の方法は適正かということでございます。

5番目として監査の方法ですが、資料に基づき、補助金の事務処理が適正に行われているかを帳簿等と照合、確認するほか、財政援助団体及び担当部門への事情聴取により監査を実施いたしました。

6番目として、監査の実施日ですが、小布施町体育協会につきましては11月25日、小布施町文化協会につきましては11月29日に行いました。

監査の結果でございますが、平成22年度財政援助団体監査の結果、財政援助団体の出納その他の事務並びに担当部門の補助金等の交付・清算事務等の執行は、おおむね適正に行われていると認められました。

引き続き適正な事務の執行に資するため、監査全体を通じた要望事項等について述べるので、適切な措置を講じられたいということでございます。

その1としまして、財政援助団体から町に提出されました事業報告書、収支決算書の書類の一部に、実施した事業内容を具体的に把握するには十分でないものが見受けられました。

アといたしまして、決算書に会計年度の期間が記入されていなかった。

単純なコメントになっておりますが、裏を返しますと、その期間の収支というか、決算期の期間内の収支が必ずしもしっかり明確にとらえられているかということで、この辺、若干ずれている分がございましたので、その辺も含めてのことでございます。

イとしまして、規約(会則)に基づいて監査を受けたことがわかる書類が添付されていなかった。今後は的確な資料の提出をお願いしたいということでございますが、これにつきましては、各団体の監査が的確に行われているかを示す、その監査人のサイン等がある書類が、私どものほうには今回は提示を受けませんでしたので、このような記事になっております。

ウとしまして、預金残高、積立金残高等が今回の監査では確認できなかった。特に、積立金残高等十分あって、今後補助が必要でないという団体もあろうかと思います。この点についてしっかり確認できなかったことはちょっと残念でした。

適正な事業執行の確認は、財務処理上重要であるのみならず、事業効果の把握や見直しに当たっても欠くことのできないものであると。財政援助団体においては、実施結果を町に詳細に報告するとともに、町の担当部門においては、財政援助団体に対して必要な様式等を示し、適切に事業確認を行うようにお願いしてございます。もちろん、関係の書類の保存も、町のほうの機関においては、担当部門においてはしっかりやっていただきたいということもあわせて述べさせていただきます。

2番目として、町から財政援助団体への補助金の支払い時期は年度末でございますが、財政援助団体の円滑な事業の執行を支援するために、概算払いについても検討していただきたいということをお願いしました。4月以降に各団体に補助金等が交付されていることからして、その前に何とかできないかということをお願いした内容でございます。

以上でございます。

○議長(小渕 晃君) 以上で監査委員からの報告が終わりました。

これをもって、財政援助団体に対する監査の報告を終わります。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎出納検査の報告

○議長(小渕 晃君) 日程第23、議会報告第9号 出納検査の報告を行います。

事務局職員から朗読させます。

〔事務局長朗読〕

○議長(小渕 晃君) 以上で朗読が終わりました。

続いて、監査委員から報告を求めます。

畔上監査委員。

〔監査委員 畔上 洋君登壇〕

○監査委員(畔上 洋君) 例月出納検査の結果に関する報告をいたします。

1番として、検査の概要でございます。

検査の対象は、平成23年9月分、10月分及び11月分の次の各会計、基金等に関する現金、預貯金等の出納の保管状況でございます。

各会計と申しますと、一般会計、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計等々、一時借入金に至るまでの件でございます。

検査の実施日は、9月27日、10月25日、11月25日に実施いたしました。

3番目の実施した検査の手続でございますが、検査の対象となった現金等の出納について、会計管理者から出されました資料と各金融機関の預貯金及び関係帳簿、証拠書類等との照合、その他通常実施すべき検査を行いました。

検査の結果でございますが、平成23年9月20日現在、同年10月18日現在、同年11月18日現在における現金、預貯金及び会計管理者から提出されました収支計算書その他の資料に記載されたこれらの金額は、いずれも関係帳簿等の記載金額と一致し、計数上の誤りはないものと認められました。

なお、各会計別の現金の出納状況及び基金明細は、別表のとおりでございます。

平成23年12月16日、小布施町監査委員、畔上 洋、小布施町監査委員、大島孝司。

以上でございます。

○議長(小渕 晃君) 以上で監査委員からの報告が終わりました。

これをもって出納検査の報告を終わります。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎休会の議決について

○議長(小渕 晃君) これをもって本会議に付議された案件の審議は全部終了いたしました。

12月会議を閉じ、平成23年小布施町議会を散会いたしたいと思います。これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

12月会議を閉じ、平成23年小布施町議会を散会することに決定しました。

お諮りいたします。

本議会は、議事の都合により、この後、明日17日から2月29日までの75日間を休会といたしたいと思います。これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕 晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、明日17日から2月29日までの75日間を休会とすることに決定いたしました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎町長あいさつ

○議長(小渕 晃君) ここで町長からあいさつがあります。

市村町長。

〔町長 市村良三君登壇〕

○町長(市村良三君) 一言ごあいさつを申し上げます。

小布施町議会12月会議に上程をさせていただきました議案につきまして慎重にご審議を賜り、本日提出をさせていただきました固定資産評価審査委員会委員の人事案件も含め、いずれも原案のとおり議決をいただきましたことに厚く御礼を申し上げます。

本会議並びに委員会において、議員各位から賜りましたご意見等につきましては、十分検討いたしまして、今後の町政に生かしていく所存でございます。

12月会議初日のあいさつで申し上げましたとおり、ことしは、東日本大震災、長野県北部地震、集中豪雨、台風など災害に見舞われた1年でありました。

甚大な被害をもたらした自然災害の怖さは、町民の皆さんの防災に関する意識を一層高めていただいており、議員各位よりご指摘いただいている点も踏まえながら、災害に強いまちづくりをさらに進めてまいる所存でありますので、ぜひご協力をよろしくお願い申し上げます。

小布施まちづくり委員会は、本年で2期4年目を迎え、部会を中心に月1回から2回の会議を開催し、各課題に取り組んでいただいております。これまでの安全、環境、福祉、交流、千曲川ハイウェイミュージアムの有効活用の5部会に加え、9月からは新たに教育をテーマにした部会、(仮称)教育を考える部会でありますが、発足をいたしました。広く町民の皆さんや教育関係者との意見の交換を始めていただいており、今後の小布施町の教育についてのご提言や実践など、活発な活動をご期待申し上げるものであります。

昨年ご提言をいただいておりました千曲川ハイウェイミュージアムの有効活用につきましては、美術館からの転用と民間の参入を視野に入れた提案募集を行うことについて、秋に町政懇談会を開催いたし、町民の皆さんにご案内を申し上げました。この大きな方針転換について、町民の皆さんからは大きなご異論がなかったことから、来年度からはその準備を進めてまいりたいというふうに考えております。

議員よりご提案をいただきました安定ヨウ素剤の備蓄に関し、過日、町保健予防連絡会を開催し、町内医療機関の先生方にご協議をいただきました。その結果、福島の例から見ても、柏崎から小布施に飛散することも十分に考えられ、特にお若い世代の発がんリスクを抑えることは重要であるというご意見をいただきました。こうした結果を踏まえ、お若い世代の甲状腺がん防止策として、安定ヨウ素剤の備蓄に努めてまいります。

町民の皆さんの日常生活や農業経営、商業活動、また工業生産等あらゆる場面における石油などの化石燃料の使用によるエネルギー消費量の実態調査を、来年1月を調査期間として実施する予定でおります。

信州大学工学部の先生、また学生さんが、幼稚園・保育園保護者会や各分野におけるご関係団体の皆さんに調査票をお配りいたし、来年3月までには結果をまとめていく予定でありますので、これにつきましても議員各位のご協力をお願い申し上げます。

ことし秋、大きな盛り上がりを見せ、町民の皆さんに結束を改めてしていただいた町民運動会でありますが、町外の方の参加を含めた実施内容や開催時期について、アンケートや今会議における一般質問よりご意見などをいただいております。

町外の方のご参加については、さらに多くの町民の皆さんのご意見をお聞きしてまいりたいというふうに考えております。

それから、開催期日につきましては、自治会の事業計画に支障のないよう、開催時期の基本的な方向について、アンケートや町民運動会、企画委員会のご意見なども踏まえ、自治会の関係者の皆さんに開催予定日について早急にお示ししていきたいと考えております。

12月26日の月曜日の午後1時半から、TPPシンポジウム・勉強会を公民館講堂で開催いたします。TPPへの参加につきましては、国を二分する議論がされておるところでございます。ことし3月のこの議会におきまして議員よりご質問をいただき、正確な情報が示されない状況にかんがみ、多くの皆さんによる議論の場を設けたい旨のお答えをいたしました。そのとき東日本大震災があり、国としても中途になってしまった嫌いがございましたが、野田首相が、11月になりまして、改めて協議の場への参加を表明されたということでございましたので、急遽、年内にシンポジウム・勉強会を開催することといたしました。年末で何かとご多用のところかとは思いますが、議員各位におかれましてもぜひご出席いただきますようにお願いを申し上げます。

これから、きょうもちらつきましたけれども、降雪期を迎えます。町では11月29日に除雪対策会議を開催し、除雪路線を決定いたしました。除雪にご協力をいただける業者、また除雪機やオペレーターの確保が難しい状況ではございましたが、通勤通学路を中心に約80キロについて確保することができました。除雪路線以外の道につきましては、大変恐縮ではございますが、全自治会にお貸しを申し上げてある除雪機をご利用いただき、地域の皆さんにより除雪作業をしていただきますように一層のご協力をお願い申し上げるところでございます。

本年も余すところわずかとなりました。本日は降雪もあり、これから寒さも一団と厳しくなります。議員各位におかれましては、どうかご自愛をいただき、ご家族おそろいで希望に満ちた新年をお迎えくださいますよう祈念申し上げ、簡単ではございますが、御礼のあいさつにさせていただきます。

ありがとうございました。

○議長(小渕 晃君) 以上で町長のあいさつが終わりました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎散会の宣告

○議長(小渕 晃君) これにて12月会議を閉じ、散会いたします。

ご苦労さまでした。

 

散会 午後 3時24分

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。