ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 議会事務局 > 平成24年6月会議 会議録 6月15日

平成24年6月会議 会議録 6月15日

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

平成24年小布施町議会6月会議会議録

議事日程(第4号)

                       平成24年6月15日(金)午後3時開議

      開議

      議事日程の報告

日程第1 総務産業常任委員長報告

日程第2 議案第28号 平成24年度小布施町一般会計補正予算について

日程第3 社会文教常任委員長報告

日程第4 議案第26号 印鑑の登録及び証明に関する条例及び小布施町手数料条例の一部

             を改正する条例について

日程第5 議案第27号 小布施町福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例について

日程第6 議案第29号 須高行政事務組合規約の変更について

日程第7 政策立案常任委員長報告

日程第8 請願第2号 「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書提出を求める請願

日程第9 陳情第2号 「住民の安全・安心を支える公務・公共サービスの体制・機能の

             充実を求める意見書」提出に関する陳情

日程第10 陳情第3号 「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求める陳情書

日程第11 議会報告第2号 平成23年度小布施町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告に

              ついて

日程第12 議会報告第3号 出納検査の報告について

日程第13 議員派遣について

────────────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

────────────────────────────────────────────

出席議員(14名)

     1番  原勝巳 君      2番  小林一広 君

     3番  渡辺高 君      4番  小西和実 君

     5番  小林茂 君      6番  冨岡信男 君

     7番  山岸裕始 君     8番  川上健一 君

     9番  大島孝司 君     10番  小渕晃 君

    11番  関谷明生 君     12番  渡辺建次 君

    13番  関悦子 君      14番  小林正子 君

欠席議員(なし)

────────────────────────────────────────────

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

町長

市村良三 君

副町長

小西勝 君

健康福祉部門総括参事

竹内節夫 君

健康福祉部門グループリーダー

中條明則 君

地域創生部門総括参事

八代良一 君

地域創生部門グループリーダー

畔上敏春 君

行政経営部門総括参事

久保田隆生 君

会計管理者(兼)滞納対策担当参事

田中助一 君

交流・産業振興・花のまちづくり推進幹

冨岡広記 君

行政経営部門グループリーダー

西原周二 君

教育委員長

中島聰 君

教育長

竹内隆 君

教育文化推進幹

池田清人 君

監査委員

畔上洋 君

────────────────────────────────────────────

事務局職員出席者

議会事務局長

三輪茂

係長

下田誠

 

開議 午後3時07分

 

◎開議の宣告

○議長(小渕晃君) ご苦労さまです。

議員総数14名中、ただいまの出席議員は14名で定足数に達しております。

これより本日の会議を開きます。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎議事日程の報告

○議長(小渕晃君) 本日の日程は、お手元へ配付いたしました印刷物のとおりであります。

これより直ちに日程に入ります。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告(議案)

○議長(小渕晃君) 日程第1、総務産業常任委員長報告を行います。

総務産業常任委員会に付託された議案、日程第2、議案第28号を議題とし、総務産業常任委員長の審査報告を求めます。

渡辺総務産業常任委員長。

〔総務産業常任委員長 渡辺建次君登壇〕

○総務産業常任委員長(渡辺建次君) 総務産業常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

6月12日午前10時30分から、公民館講堂において、委員7名中7名の出席と委員外議員多数の出席を得て総務産業常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、6月会議で付託された議案第28号 平成24年度小布施町一般会計補正予算についてであり、慎重に審査いたしました。

初めに、副町長、教育長、行政経営部門総括参事等の出席を求め、直ちに質疑を行いました。

議案第28号についての質疑、意見の主なものとして、新しい公共の場づくりのためのモデル事業が採択されなかった理由は何か。都市農村交流推進事業委託料85万円減額の根拠は何か、もっと減額できるのではないか。地域公共交通会議とはどういうものか。住民基本台帳システム改修は国の法律改正に伴うものであり、国からの手当はないのか、交付税措置はあるのか。再生可能エネルギー勉強会開催委託料の内容は何か、委託先はどこか。介護基盤緊急整備等特別対策事業の事業費は幾らか、町の役割は何か。つすみ保育園の駐車場整備は緊急を要するのか。高井鴻山記念館に嘱託職員がふえる理由は何か等の発言がありました。

以上が本委員会に付託された案件の審査内容であり、行政経営部門総括参事、健康福祉部門総括参事等から詳細な答弁があり、慎重審査を期すために議員間討議を行い、討論を省略して採決の結果、議案第28号は全員挙手で原案のとおり可決すべきものと決しました。

以上、総務産業常任委員長報告といたします。

平成24年6月15日、小布施町議会総務産業常任委員長、渡辺建次。

○議長(小渕晃君)以上で総務産業常任委員長報告が終わりました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告の質疑、討論、採決

○議長(小渕晃君)これより質疑に入ります。

委員長報告に対し質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕晃君)別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、議案第28号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第28号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告(議案)

○議長(小渕晃君) 日程第3、社会文教常任委員長報告を行います。

社会文教常任委員会に付託された議案、日程第4、議案第26号から日程第6、議案第29号までを会議規則第37条の規定により一括議題とし、社会文教常任委員長の審査報告を求めます。

小林社会文教常任委員長。

〔社会文教常任委員長 小林 茂君登壇〕

○社会文教常任委員長(小林茂君) 社会文教常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

6月12日午前11時30分から、公民館講堂において、委員7名中7名の出席と委員外議員多数の出席を得て社会文教常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、6月会議で付託された議案第26号 印鑑の登録及び証明に関する条例及び小布施町手数料条例の一部を改正する条例について、議案第27号 小布施町福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例について、議案第29号 須高行政事務組合規約の変更についてであり、慎重に審査いたしました。

初めに、副町長、健康福祉部門総括参事等の出席を求め、直ちに質疑を行いました。

議案第26号についての質疑、意見の主なものとして、第2条第3項の中で片仮名表記となっているが、なぜアルファベット表記はだめなのか。送り仮名の表記が法律で変わったのか、いつ変わったのか。施行日が平成24年7月9日の根拠は何か等の発言がありました。

議案第27号についての質疑、意見の主なものとして、平成22年度税制改正による精神障害者保健福祉手帳2級所持者の所得制限の扶養控除の見直しだが、平成23年度で課税になった人はいるのか。平成24年8月1日以降も従前どおりの所得制限でやるのか。第3条第2項第6号の配偶者はどうなるのか等の発言がありました。

議案第29号についての質疑、意見の主なものとして、町例規集の中で組合の規約が平成4年度以降加除されていないのはなぜか。須坂病院産科医師就業支度金貸与の3年間が終わってから約1年たつが、規約変更の施行日が平成24年12月1日なのはなぜか。2名の医師が今後も続ける確約はあるのか等の発言がありました。

以上が本委員会に付託された案件の審査内容であり、副町長、健康福祉部門総括参事等から詳細な答弁があり、慎重審査を期すために議員間討議を行い、討論を省略して採決の結果、議案第26号、議案第27号及び議案第29号は全員挙手で原案のとおり可決すべきものと決しました。

以上、社会文教常任委員長報告といたします。

平成24年6月15日、小布施町議会社会文教常任委員長、小林茂。

○議長(小渕晃君) 以上で社会文教常任委員長報告が終わりました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告の一括質疑、討論、採決

○議長(小渕晃君) これより一括して質疑に入ります。

委員長報告に対し質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕晃君) 別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、議案第26号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第26号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第27号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第27号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第29号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第29号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君) 全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告(請願・陳情)

○議長(小渕晃君) 日程第7、政策立案常任委員長報告を行います。

政策立案常任委員会に付託されました日程第8、請願第2号から日程第10、陳情第3号までを会議規則第37条の規定により一括議題とし、政策立案常任委員長の審査報告を求めます。

川上政策立案常任委員長。

〔政策立案常任委員長 川上健一君登壇〕

○政策立案常任委員長(川上健一君) 政策立案常任委員会審査報告。

政策立案常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

6月12日午前9時から、公民館講堂において、委員7名中7名の出席と委員外議員多数の出席を得て政策立案常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、6月会議で付託された請願第2号 「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書提出を求める請願、陳情第2号 「住民の安全・安心を支える公務・公共サービスの体制・機能の充実を求める意見書」提出に関する陳情、陳情第3号 「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求める陳情書についてであり、請願人及び陳情人に出席を求めて慎重に審査いたしました。

請願第2号についての質疑、意見の主なものとして、2004年に民主、自民、公明3党が「緊急事態基本法」の制定について合意したが、なぜ今まで制定できなかったのか。現行法では限界がある、迅速な対応をするために法律は必要だと思う。非常事態とはどういうものか解釈に懸念があるなどの発言がありました。

陳情第2号についての質疑、意見の主なものとして、一昨年の12月にアクションプランが閣議決定に至った経緯は何か。二重行政、三重行政は見直してほしい。国のスリム化は必要だが、この陳情は具体性がない。陳情の内容がはっきりしないので反対などの発言がありました。

陳情第3号についての質疑、意見の主なものとして、毎年陳情しているが成果がない、進まない原因は何か。義務教育の無償は憲法でうたっている、国が義務教育費を負担すべきであり賛成などの発言がありました。

以上が本委員会に付託された案件の審査内容であり、慎重審査を期すために議員間討議を行い、討論を省略して採決の結果、請願第2号及び陳情第3号については全員挙手で採択とし、陳情第2号については挙手なしで不採択と決しました。

以上、政策立案常任委員長報告といたします。

平成24年6月15日、小布施町議会政策立案常任委員長、川上健一。

○議長(小渕晃君) 以上で政策立案常任委員長報告が終わりました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎常任委員長報告の一括質疑、討論、採決

○議長(小渕晃君) これより一括して質疑に入ります。

委員長報告に対し質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕晃君) 別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、請願第2号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより請願第2号について採決いたします。

本請願に対する委員長報告は採択であります。

本請願を委員長報告のとおり採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手多数〕

○議長(小渕晃君) 挙手多数であります。

よって、本請願を採択することに決定いたしました。

お諮りいたします。

ただいま採択されました請願の願意は意見書の提出であります。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任することに決定いたしました。

次に、陳情第2号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより陳情第2号について採決いたします。

本陳情に対する委員長報告は不採択であります。

本陳情を採択とすることに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手少数〕

○議長(小渕晃君) 挙手少数であります。

よって、本陳情を不採択とすることに決定いたしました。

次に、陳情第3号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより陳情第3号について採決いたします。

本陳情に対する委員長報告は採択であります。

本陳情を委員長報告のとおり採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君) 全員挙手であります。

よって、本陳情を採択することに決定いたしました。

お諮りいたします。

ただいま採択されました陳情の願意は意見書の提出であります。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任することに決定いたしました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎平成23年度小布施町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告

○議長(小渕晃君) 日程第11、議会報告第2号 平成23年度小布施町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告を行います。

事務局職員から朗読をさせます。

〔事務局長朗読〕

○議長(小渕晃君) 以上で報告を終わります。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎出納検査の報告

○議長(小渕晃君) 日程第12、議会報告第3号 出納検査の報告を行います。

事務局職員から朗読させます。

〔事務局長朗読〕

○議長(小渕晃君) 以上で朗読が終わりました。

続いて、監査委員から報告を求めます。

畔上監査委員。

〔監査委員 畔上 洋君登壇〕

○監査委員(畔上洋君) それでは、私のほうから例月出納検査の結果に関しましてご報告申し上げます。

まず、検査の概要ですが、1つとして、検査の対象は平成24年3月分、4月分及び5月分の一般会計、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、介護保険特別会計等々でございまして、これらの各会計、基金等に関する現金、預貯金等の出納の保管状況について対象といたしました。

検査の実施日ですが、平成24年3月28日、同年4月27日、同年5月25日でございます。

実施した検査手続ですけれども、検査の対象となった現金等の出納について、会計管理者から提出されました資料と各金融機関の預貯金及び関係帳簿、証拠書類等との照合、その他通常実施すべき検査を行いました。

検査の結果でございますが、平成24年3月19日現在、平成24年4月19日現在及び平成24年5月15日現在における現金、預貯金及び会計管理者から提出されました収支計算書その他の資料に記載されたこれらの金額はいずれも関係帳簿等の記載金額と一致し、計数上の誤りはないものと認められました。

なお、各会計別の現金の出納状況及び基金明細は別表のとおりでございます。

平成24年6月15日、小布施町監査委員、畔上 洋、小布施町監査委員、大島孝司でございます。

以上が報告でございますが、なお、私のほうから一言、これから平成23年度の決算につきまして監査を実施してまいります。そうした中にありまして、関係の皆様のご協力をこの席をおかりしましてお願い申し上げたいと思います。よろしくお願いいたします。

○議長(小渕晃君) 以上で監査委員からの報告が終わりました。

これをもって出納検査の報告を終わります。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎議員派遣について

○議長(小渕晃君) 日程第13、議員の派遣についてを議題といたします。

お諮りいたします。

議員の派遣につきましては、お手元にお配りいたしましたとおり派遣することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、議員の派遣につきましてはお手元にお配りいたしましたとおり派遣することに決定いたしました。

お諮りいたします。

日程変更等細部の取り扱いについてはあらかじめ議長に一任願いたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、日程変更等細部の取り扱いについてはあらかじめ議長に一任することに決定いたしました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎散会について

○議長(小渕晃君) 以上で本会議に付議された案件の審議は全部終了いたしました。

6月会議を閉じ、平成24年小布施町議会を散会したいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、6月会議を閉じ、平成24年小布施町議会を散会することに決定いたしました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎休会について

○議長(小渕晃君) お諮りいたします。

本議会は、議事の都合により、この後、明日6月16日から9月30日までの107日間を休会としたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君) ご異議ないものと認めます。

よって、明日6月16日から9月30日までの107日間を休会とすることに決定いたしました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎町長あいさつ

○議長(小渕晃君) ここで町長からあいさつがあります。

市村町長。

〔町長 市村良三君登壇〕

○町長(市村良三君) 一言ごあいさつを申し上げます。

小布施町議会6月会議に上程いたしました議案につきましてそれぞれ慎重にご審議を賜り、全議案を原案のとおり可決いただきましたことに厚く御礼を申し上げます。ありがとうございます。

6月も半ばとなり、間もなく本格的な夏を迎えます。原子力発電所が現在すべて稼働を停止していることから夏の電力不足が予想され、昨年以上の節電が求められております。当町におきましても、まずは役場庁舎を初めとする町施設での省エネ・節電を徹底するとともに、町民の皆さんにも省エネ・節電のお願いをしてまいりたいと思っております。

福島第一原子力発電所の事故は、地方自治体にとっても、地域住民を災害から守り、あるいは行政機能を維持していくといった視点から、これからのエネルギーの資源と確保について改めて考え取り組んでいく契機になったものと思います。町は環境施策の体系づくりに取り組んできており、今会議で可決いただいた予算により、町の地形や資源を活用した再生可能なエネルギーについて、専門家のチームとともに勉強会の開催を実施してまいります。

6月11日には「新たな環境づくり懇話会」を立ち上げました。懇話会の皆さんには、自然を守り人に優しい環境づくりを目的に、クリーンエネルギーについての研修とまちづくりへの活用、実証事業などに取り組んでいただく予定であります。

昨年に引き続き、東日本大震災の復興をご支援してまいります。岩手県大船渡市には、昨年同様に10月の小布施六斎市にご参加いただく予定であり、さらにことしは、当町から大船渡市で行われる震災復興イベントや物産展への参加を予定しております。6月27日に、その打ち合わせで、「いいだん会」の皆さんとご一緒に職員が大船渡市に伺います。議員の皆さんのご訪問とあわせて、復興支援と交流の輪を広げてまいりたいというふうに考えております。

昨年、義援金100万円をお届けした福島県南相馬市へのまちづくり委員会等の皆さんによる「相馬野馬追観戦震災応援ツアー」が、7月29日から30日の日程で計画されております。私も参加させていただき、相馬野馬追支援のための義援金をお届けし、復興を応援させていただきたいというふうに考えております。義援金につきましては、町民の皆さんにもさらにお願いしてまいりますので、議員各位におかれましてもまたよろしくご協力をお願い申し上げます。

高齢者の皆さんなどの移動支援として実験実施をしてまいりました車両巡回事業をもう少し多様な交通ニーズに対応できる地域公共交通事業へ移行するため、地域における交通ニーズのさらに詳細な把握が必要となってまいりました。調査事業の実施を国に申請したところ、事業が採択される見込みで、間もなく補助金が内示されるとの連絡を受けたところであります。

町内にある認知症グループホームより、高齢者や障害者、家族の皆さんの日常生活をご支援する支え合い活動事業の実施希望があり、県に申請を申し上げたところ、6月に入り補助金の内示がありました。2つの事業に係る補助金額が確定いたしましたら事業に係る予算の補正をお願い申し上げたく、その際には議会を再開の上ご審議いただきますようお願い申し上げます。

7月1日から22日までの3週間にわたり、酸果桜桃を活用した「チェリーキッスフェアー」を開催いたします。ご協力いただく町内18の飲食店では、農家の皆さんが栽培したチェリーキッスを用いて、さまざまな趣向を凝らしたデザートやケーキ、ジャムなどに提供していただきます。議員各位にも、ぜひ町内を回っていただきご賞味いただきますようお願い申し上げます。

小布施町安心して暮らせる家リフォーム等補助金は、6月4日から受け付けを開始し、11日の締め切りまでに募集予定の30件を上回る66件の申請がありました。申請件数が予定件数を上回りましたので、6月24日に申請者の皆さんにお集まりをいただいて抽せんを行わせていただく予定にしております。

おぶせミュージアム・中島千波館では、開館20周年記念の「水戸岡鋭治展」に続いて、6月29日からは、小布施町ご出身の彫刻家、春山文典さんの企画展を予定しております。ご家庭に配付させていただきました招待券をご利用の上、大勢の町民の皆さんにぜひごらんいただきたいというふうに思っております。

9月7日から始まる小布施若者会議の概要を申し上げます。

初日は、一橋大学名誉教授、野中郁次郎先生による基調講演や交流会を、2日目は、農業や医療、観光などのテーマごとに場所にとらわれないで行う討議を、最終日は、これからの日本を築いていく新たな価値を生み出すような提案とその実践に向けたプレゼンテーションなどを予定しております。議員各位におかれましては、基調講演やプレゼンテーションなどへのご出席、ホームステイのご協力など、若者会議へのご支援、ご協力を賜りますように心からお願い申し上げます。

あす16日に、栗ガ丘小学校40周年記念行事が行われます。式典のほかに、新文化体育館のこけら落としも兼ね、「劇団風の子」の皆さんによる演劇「陽気なハンス」の公演が、午前と午後の2回、幼稚園児と保育園児をお招きして行われる予定になっております。

同じくあす16日に、「深緑さわやかウォーク」を松村駐車場を発着点として開催いたします。東部地区の皆さんのオープンガーデンと雁田山ろくの豊かな緑や果樹園、ブドウ栽培農家の房切り作業の様子などをごらんいただき、農業へのご理解もいただきながら深緑を満喫していただく予定であります。

来週の18日午後6時から、北斎ホールで、小布施文化観光協会主催の「水戸岡鋭治展」開催記念講演会が開催されます。講師は、大分県湯布院の株式会社玉の湯会長の溝口薫平さんと社長の桑野和泉さんで、「これからの地域づくりとは」と題してご講演をいただきます。議員各位におかれましてもご聴講いただきますようお願い申し上げます。

結びに、本会議、常任委員会において議員各位から賜りましたご意見、ご要望を十分に踏まえ、今後の町政執行に遺憾なきよう努めてまいりますので、ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

議員各位のご健勝とご活躍、議会のますますのご発展を心からご祈念申し上げ、散会に当たってのごあいさつとさせていただきます。

まことにありがとうございました。

○議長(小渕晃君) 以上で町長のあいさつが終わりました。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎散会の宣告

○議長(小渕晃君) これにて6月会議を閉じ、散会いたします。

ご苦労さまでした。

 

散会 午後3時43分

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。