ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 議会事務局 > 平成24年6月会議 会議録 一般質問 小林茂議員

平成24年6月会議 会議録 一般質問 小林茂議員

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

平成24年小布施町議会6月会議会議録

議事日程(第2号)

                       平成24年6月7日(木)午前10時開議

      開議

      諸般の報告

      議事日程の報告

日程第1 行政事務一般に関する質問

────────────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

議事日程に同じ

────────────────────────────────────────────

出席議員(14名)

     1番  原勝巳 君      2番  小林一広 君

     3番  渡辺高 君      4番  小西和実 君

     5番  小林茂 君      6番  冨岡信男 君

     7番  山岸裕始 君     8番  川上健一 君

     9番  大島孝司 君     10番 小渕晃 君

    11番  関谷明生 君     12番 渡辺建次 君

    13番  関悦子 君      14番 小林正子 君

欠席議員(なし)

────────────────────────────────────────────

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

町長

市村良三 君

副町長

小西勝 君

健康福祉部門総括参事

竹内節夫 君

健康福祉部門グループリーダー

中條明則 君

地域創生部門総括参事

八代良一 君

地域創生部門グループリーダー

畔上敏春 君

行政経営部門総括参事

久保田隆生 君

会計管理者(兼)滞納対策担当参事

田中助一 君

交流・産業振興・花のまちづくり推進幹

冨岡広記 君

行政経営部門グループリーダー

西原周二 君

教育委員長

中島聰 君

教育文化推進幹

池田清人 君

監査委員

畔上洋 君

────────────────────────────────────────────

事務局職員出席者

議会事務局長

三輪茂

係長

下田誠

 

開議 午前10時00分

 

◎開議の宣告

○議長(小渕晃君) おはようございます。

議員総数14名中、ただいまの出席議員は13名で定足数に達しております。

これより直ちに本日の会議を開きます。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎議事日程の報告

○議長(小渕晃君) 本日の日程は、お手元へ配付いたしました印刷物のとおりであります。

日程に入るに先立ち、諸般の報告事項について申し上げます。

4番、小西和実議員から、都合により午前中欠席する旨の届出がありましたので、報告いたします。

 

────────────────────────────────────────────

 

◎行政事務一般に関する質問

○議長(小渕晃君) これより直ちに日程に入ります。

日程第1、行政事務一般に関する質問を行います。

お手元へ配付いたしました印刷物のとおりに、一般質問の通告がありましたので、報告いたします。

朗読は省略いたします。

ただいま報告いたしました印刷物の質問順序に従い、順次質問を許します。

 

────────────────────────────────────────────

 

◇ 小  林   茂 君

○議長(小渕晃君) 最初に、5番、小林茂議員。

〔5番 小林 茂君登壇〕

○5番(小林茂君) おはようございます。

通告に従いまして、2点の質問をさせていただきます。

まず、1点目でありますが、小布施ブランドと商標権についてであります。

中国、中華人民共和国の果物業者が、「青森」の表記を含む商標登録を出願していることが発覚して、リンゴの輸出に際してトラブルが発生したとか、あるいは勝沼、宮城、富山などの県名のみの商標が第三者の出願により広告もしくは登録されていることが判明したなどのトラブルに関する報道がたくさんあったことは記憶に新しいところかと思います。

町民の皆さんにも小布施の名称が使えなくなるかもしれないというようになっては困るというような、本気で心配されている方もいらっしゃいます。

大変、憂慮すべき問題ではありますが、中国は、将来大きなマーケットとして、さらには2000年代初めごろから交渉のあった、日本、中国、韓国のFTA、すなわち多国間の自由貿易協定が大きく進もうとしている今、商標権の問題は見過ごすことのできない課題だというふうに思います。

私たちは、商品を購入したり、サービスを利用するとき、企業のマークや商品、サービスのネーミングである商標を一つの目印として選んでいます。

一方、提供する側も、事業者や生産者の努力次第では、さらに商品やサービスに対する消費者の信用を積み重ねることができ、商標に信頼、安心といったブランドイメージがついてくるというメリットもあります。すなわち、努力が報われるという点では励みになるわけです。商標は物言わぬセールスマンと表現されることもあり、商品やサービスの顔として重要な役割を担っています。それだけに、国内、国外を問わず、商標権に関するトラブルは今後もふえ続けると思われます。

小布施町の基幹産業である農業生産物、例えば、リンゴ、ブドウ、桃、クリなどの果物は、国内外に多くの産地があり、加工品にすれば小布施にふさわしいネーミングをつけることも可能でしょうが、生食用としての一次産品は普通名称扱いになってしまい、商標登録が非常に難しくなっているのが現状かと思います。

町ホームページで活躍している「おぶせくりちゃん」は、縫いぐるみをつくり、全国的にお披露目しようとしています。このマスコットキャラクターとロゴマークを組み合わせることにより、生のクリにでもすぐ使えるんではないでしょうか。くりんことかりんごっことかも同様でしょう。

一方、行政主導の例としては、茨城県がすべての農林水産物を積極的にアピールするために、統一キャッチフレーズ、うまいもんどころのもと、ロゴと言葉を含めて商標登録をしております。うまいもんどころというのは、うまいものがあるということと、水戸黄門の紋所を引っかけたうまいもんどころでありますが、このロゴと言葉を含めて商標登録をして、多くの団体が茨城ブランドとして使用して成果を上げているように聞いております。小布施ブランドをさらに高めるために、差別化、産地化を推し進めるために有効な商標登録をすべきと考えます。あわせて、品質の確保等、一定の基準を満たした産品に対してロゴマーク使用を認める制度もつくるべきです。これからふえると予想される対面販売や通販の後押しをするための方策として、あるいは全世界に通用するブランドとして農産物にマスコットキャラクターと小布施にちなんだネーミングをつけた共有財産としての商標登録をしたらどうでしょうか。

それから、2つ目は、商標権を利用するためのルールづくりも当然行うべきというふうに考えますが、以上の2点についてお考えをお聞かせください。

○議長(小渕晃君) 市村町長。

〔町長 市村良三君登壇〕

○町長(市村良三君) 皆さん、おはようございます。

きょう、あすと、よろしくお願いいたします。

小林議員のご質問に対してお答え申し上げます。

今、小林議員、ご意見も交えながら述べていただきましたご質問はおっしゃるとおりであります。農産物に小布施らしいネーミングなどをつけ、商標登録し、販売戦略を展開することは、まさに一つの地域ブランドづくり、小布施ブランドを確立することになります。高い品質でおいしい農産物、あるいは小布施でしか生産されていない希少な農産物などに小布施の名を冠した名前やロゴを登録し、小布施ブランドとして定着することができれば、市場や消費者から高い評価をいただくことができ、有利な販売はもとより、全国から小布施の農産物についてそのおいしさや品質に大きな信頼を得ることができます。ひいては、小布施町全体のイメージアップにもつながり、小布施に行ってみたい、再び行ってみたい、あるいはさらには、ここで暮らしてみたいと言っていただけるような相乗効果も期待できるかと思います。

今、茨城県のお話がありましたが、宮崎県のマンゴー、あるいは大分の関サバ、関アジ、氷見の寒ぶりなど、全国でもすでに有名な地域プロダクトブランドの事例もたくさんございます。

私どもでも、小布施栗、これの商標登録について専門家と研究をしましたが、小布施栗の生産量に対して町内の消費が多く、町外への販売実績が明確ではない、あるいは少ないという状況でなかなか登録は難しいというような経緯がございました。そうしたことから、栗について商標登録はまだないわけでありますが、JA須高小布施支所、栗部会、あるいは町振興公社と連携いたし、平成20年度に生栗販売用に小布施栗ラベルを作成いたしました。この小布施栗ラベルは、水戸岡先生にデザインをお願いし、産地証明も記載されており、表面に生産者氏名の記入欄を設け、裏面のナンバーで1袋ごと、栗部会で生産者を管理させていただいております。

今後、このロゴデザインによる小布施栗の商標登録の実現をしたいと考えております。しかし、栗については既に立派なブランドとして定着していることも事実であります。ご承知の、イギリスリンゴのブラムリーでありますけれども、ブラムリーとしてイギリスで種苗登録がありますので、商標登録には少しハードルが高いというふうに言われております。しかし、町の生産者組織も拡大し、年間計画や栽培技術も組織全体で確立に努めておりますことから、現在、ブラムリーとクッキングアップルの2件で、この春、商標登録を出願しております。結果は半年ぐらいかかるということから、この秋に出る予定になっております。

次に、酸果桜桃は、チェリーキッスとして既に生産者組合の皆さんで商標権を取得済みであります。チェリーキッスも生産者組織全体で事業展開をしております。さらに、チェリーキッスは、ことしからブラムリーと同様に新宿高野の企画に取り入れていただき、さらに展開をしていただくことになりました。この6月18日から24日まで1週間、新宿高野のさくらんぼフェアの中で初の商品展開をするとともに、小布施町内において7月1日から22日まで15店舗のご協力のもとで、小布施チェリーキッスフェアを開催いたします。

6月24日、6月28日には、NHKBSの「月刊やさい通信」という番組で小布施チェリーキッスが全国放送の予定であります。

議員ご提案の商標登録の研究実践は、非常に重要なことと認識しており、さらに積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

今までの取り組みの中から、ロゴやデザインなど、図形の形であれば比較的商標登録がしやすいと感じておりますので、そうした方面からの取得も大いに考え、進めてまいります。

また、小布施丸ナス、小布施ネクタリンなども、今後、商標登録を検討できるのではないかというふうに考えております。

しかしながら、真のブランドとなるには名ばかりの商品ではなく、議員もご指摘いただいていますように、本当に高い品質を誇り、その生産組織がしっかりとした品質を維持し、商標を使用するルールづくりなど、消費者に信頼され、評価されるようになること、そして生産者のその商標を使用することに誇りを持っていただくことなど、これからもブランド戦略に大切なことと考えております。

ルールをつくるということ、これを生産者の皆さんにご理解をいただく、あるいはご関係の皆さんにご協力をいただく、こういうことをお願いしながら進めてまいりたいというふうに考えております。議員にも格段のご協力をお願い申し上げます。

以上であります。

○議長(小渕晃君) 小林茂議員。

○5番(小林茂君) 先ほど、茨城の例を少しお話をさせていただきましたが、実は今回、この質問を選択するにつけて2つの観点がありまして、1つは農業を専門にされている方から、とにかく小布施の名称が使えなくなるようなことだけは絶対に避けなければいけないんだというような形で、いろいろお聞かせをいただいたというのが一つと。

それからもう一つは、今、スーパーマーケットに水菜が売られていまして、1年じゅう販売されているんですが、たかだか100円、今、以下で売られているあの水菜の包装用のフィルムがあるわけですけれども、実際、どの程度のものかは、要するに費用はどの程度かかっているかわかりませんけれども、それが例えばいろいろな県から入ってくるのがありますけれども、中に先ほどちょっと触れたのは、茨城が、私、ちょっと目についたんですが、その中には、Rマークのついたうまいもんどころという、こういう紋所が1つロゴマークで入っているんですね。それからもう一つ、別に、水菜部会としてもう一つまたつけている。さらには、その袋はQRコードがついていまして、携帯電話とか何かで撮れば、そのままインターネットでその水菜部会にぽんと飛んでいって、生産者の顔が見えるというような形にシステムがつくられていました。

そんなことで、生産者の名前はもちろん入ってはいるんですけれども、ちょっとその辺の取り組みが面白いなと思っております。したがいまして、先ほど、答弁の中で、それぞれの個別の産品に対するブランドという意味での一つの考え方と、もう一つは、県なりあるいは大きな単位、あるいは小布施町とかという大きな単位の中の一つブランドがあっていいんじゃないのかと。それらを上手に使い分けていくことがすごくいいんではないかなということを最近、スーパーマーケットで見ていまして、強く感じたわけであります。

そんな観点で、できれば小布施町という統一なキャラクターなんかつくって、それを一つのロゴにするというようなことも、ぜひ考えていただければと思うんですが、その点について、お考えをお聞かせください。

○議長(小渕晃君) 市村町長。

○町長(市村良三君) 再質問にお答え申し上げます。

全体のトーンが、ご質問のトーンが、総体としての小布施ということにあろうやに思います。ご指摘のとおりだと思います。個別のものはもとよりですけれども、小布施ということを全体に通じるような、そういう策も今後研究して実行していきたいなというふうに思っております。思っておりますというか、今のご質問に対するお答えとして申し上げたいというふうに思います。

それから、個別のやつもやはりとても重要だというふうに思っております。個別のやつを大くくりすると仕組みというのは、なかなか難しいことかもしれませんけれども、ぜひ、考えて実行に移していきたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。

○議長(小渕晃君) 小林茂議員。

○5番(小林茂君) それでは、次の質問に移らせていただきます。

クールアース・デーの取り組みについてお尋ねいたします。

地球温暖化による気候変動、それに伴う環境悪化の破局を避けるために、地球全体の温室効果ガスをできる限り早くピークアウトして、2050年には少なくとも半減しなければならないとする警告を受けて、世界全体でエネルギー効率を徹底的に高めようとする努力をすることは、この地球に住むすべての人間に必要な行動であるとし、国別総量目標を高めて取り組んでいます。

しかしながら、政府発表では、原発事故以来、全原子炉が停止し、火力発電等の運転のため重油の使用量がふえて、そのために排出ガス削減の目標達成は難しいというふうに言っております。

クールアース・デーの取り組みは、2008年、福田総理が制定を提唱したことからきっかけとなって、環境省が国内の官民に呼びかけたことから自主的な取り組みとして毎年実施されています。このクールアース・デーは、消灯による電量消費量の抑制と、地球温暖化問題の啓発を目的に制定された記念日で、具体的には夜間照明の消灯が呼びかけられています。

本年は、6月21日、夏至の日を、ブラックイルミネーション、それから7月7日、七夕の日をクールアース・デーとして、午後8時から10時までを電気を消して未来を見つめてみようとして、広く参加が呼びかけられております。

脱原発、自然エネルギーへの転換が叫ばれ、国内の原発が一台も動かないことしの夏は、中電も5%の節電を要請しております。どのような選択をしようとも、温室効果ガス、すなわち二酸化炭素排出量削減が前提でなければなりません。クールアース・デーを、エネルギーのあるべき姿を皆が改めて考える契機としてとらえ、取り組んでみてはどうでしょうか。

その意味で、温暖化を食いとめ、節電の夏への契機になるよう、公共の施設を率先して行い、官民挙げて取り組むべきと思いますが、お考えをお聞かせください。

○議長(小渕晃君) 西原グループリーダー。

〔行政経営部門グループリーダー 西原周二君登壇〕

○行政経営部門グループリーダー(西原周二君) 私のほうから、官民挙げてクールアース・デーに取り組むべきではという小林茂議員のご質問にお答えさせていただきたいと思います。

東日本大震災後、電気需要の逼迫や脱原発、自然エネルギーへの転換が求められている中、町でも、昨年来、節電に心がけています。平成23年9月会議での大島議員のご質問にもお答えしたとおり、職員に対する節電の啓発やLED照明による消費電力の抑制、PPSへの契約の変更を検討してきております。

平成23年度の役場庁舎、保健センター、公民館、北斎ホール合わせた電気使用量は、21万2,696キロワットアワーで、前年度の23万3,397キロワットアワーに比べ、2万701キロワットアワー、率にして8.87%の削減となっています。また、LED照明器具につきましても、耐用年数が長い一方、灯具の費用が比較的高いこともあり、設置につきましては順次進めてきている状況でございます。

PPSの契約変更につきましては、試算の結果、小布施町での庁舎、学校等では、電気料金の削減効果は比較的低いとの診断を受けております。また、全国的にPPSへの切りかえを検討している事業所が多いことから、PPS側の供給不足も指摘され、PPS側も大口使用者でないと契約ができないというような傾向にあるとされています。このため、現在、町役場等ではPPSの契約変更は行っておりません。

ことしの夏は、原子力発電所の停止のため、今まで以上に節電が呼びかけられています。一時的な節電ではなく、限りある資源を大切に使い、地球に優しい環境を取り戻すためにも社会全体でエネルギーの浪費をなくし、資源の有効活用に取り組んでいかなければならないと思っています。

ご質問のブラックイルミネーションは、平成15年から環境省の呼びかけにより、持続可能で循環型のライフスタイルへの転換への景気として、また、クールアース・デーは、平成20年6月に開催された地球温暖化対策推進本部において決められたもので、ともに施設の消灯、ライトダウンにより二酸化炭素排出量を削減し、地球の温暖化を防いでいこうというものです。

特にクールアース・デーは、7月7日の七夕の日に明かりを消して天の川を見ようというものです。当町でも景観施策の体系づくりと省エネに取り組んでいるところであり、ご提案の公共施設のライトダウンは、節電や温暖化防止に向けた行政の取り組みをさらに進めるよい機会になると思います。

夜間に照明を使用する施設とすると、役場庁舎を初め公民館、体育館等があります。クールアース・デーについては、まず、役場庁舎等職員が勤務する施設において使用電力の削減、温暖化防止に向けた取り組みとして実施してまいりたいと思います。

以上でございます。

○議長(小渕晃君) 小林茂議員。

○5番(小林茂君) 質問の中で、官民挙げて取り組んでほしいというようなことで申し上げました。そういった意味で、今、官のほうは、答弁で十分でありますが、町民挙げてという部分で何か具体的にお考えがあれば聞かせていただければというふうに思いますが、よろしくお願いいたします。

○議長(小渕晃君) 西原グループリーダー。

○行政経営部門グループリーダー(西原周二君) 住民への皆さんへの周知ということでありますけれども、地球環境に優しいエネルギーの使用につきましての重要性であるとか、エネルギーの浪費の抑えるという点では、住民の皆様にも十分なお知らせをしてまいりたいと思います。ただ、日にち、時間を決めての施設の消灯等につきましては、体育館や公民館を使用される住民の皆様の住民活動やまちづくりに係る活動等、抑えていくということもなかなか難しいということもございます。地域から元気を発信していくという小布施町のこういった活動の中では、体育館や公民館の活動等につきましては、積極的に活用いただき、各お宅での節電についてのお知らせをしてまいりたいと思っております。

以上でございます。

○議長(小渕晃君) 以上で小林茂議員の質問を終結いたします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。