ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 議会事務局 > 平成24年12月会議会議録 12月14日

平成24年12月会議会議録 12月14日

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月11日更新

平成24年小布施町議会12月会議会議録

議事日程(第4号)

                      平成24年12月14日(金)午後2時開議

         開議

         諸般の報告

         議事日程の報告

日程第1  総務産業常任委員長報告

日程第2  議案第51号 小布施町暴力団排除条例について

日程第3  議案第53号 平成24年度小布施町一般会計補正予算(第6号)について

日程第4  議案第56号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について

日程第5  社会文教常任委員長報告

日程第6  議案第54号 平成24年度小布施町国民健康保険特別会計補正予算について

日程第7  議案第55号 平成24年度小布施町介護保険特別会計補正予算について

日程第8  議案第57号 北信保健衛生施設組合規約の変更について

日程第9  政策立案常任委員長報告

日程第10 陳情第7号 安心できる介護保険制度の実現を求める陳情書

日程第11 陳情第8号 国立病院と地域医療の充実を求める陳情書

日程第12 陳情第9号 「須高地域への特別支援学校高等部設置」を求める陳情書

日程第13 陳情第10号 基幹水利施設ストックマネジメント事業の助成に関する陳情書

日程第14 委員会提出議案第3号 基幹水利施設ストックマネジメント事業の助成に関する意見書

日程第15 議会報告第8号 出納検査の報告について

日程第16 議案第58号  北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに伴う財産処分の協議について

日程第17 議案第59号 固定資産評価審査委員会委員の選任について

日程第18 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

────────────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

議事日程のほか

追加日程第1 社会文教常任委員長報告

追加日程第2 議案第58号 北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに伴う財産処分の協議について

────────────────────────────────────────────

出席議員(14名)

 1番  原勝巳君

 2番  小林一広君

 3番  渡辺高君

 4番  小西和実君

 5番  小林茂君

 6番  冨岡信男君

 7番  山岸裕始君

 8番  川上健一君

 9番  大島孝司君

 10番 小渕晃君

 11番 関谷明生君

 12番 渡辺建次君

 13番 関悦子君

 14番 小林正子君

欠席議員(なし)

────────────────────────────────────────────

地方自治法第121条第1項の規定により説明のため出席した者の職氏名

町長

市村良三君

副町長

小西勝君

健康福祉部門総括参事

竹内節夫君

健康福祉部門グループリーダー

中條明則君

地域創生部門総括参事

八代良一君

地域創生部門グループリーダー

畔上敏春君

行政経営部門総括参事

久保田隆生君

会計管理者(兼)滞納対策担当参事

田中助一君

交流・産業振興・花のまちづくり推進幹

冨岡広記君

行政経営部門グループリーダー

西原周二君

教育委員長

中島聰君

教育文化推進幹

池田清人君

監査委員

畔上洋君

────────────────────────────────────────────

事務局職員出席者

議会事務局長

三輪茂

係長

下田誠

開議 午後2時00分

◎開議の宣告

○議長(小渕晃君)ご苦労さまです。

議員総数14名中、ただいまの出席議員は14名で、定足数に達しております。

これより本日の会議を開きます。

────────────────────────────────────────────

◎諸般の報告

○議長(小渕晃君)日程に入るに先立ち、諸般の報告事項について申し上げます。

教育長、竹内隆君から、都合により欠席する旨の届け出がありましたので報告いたします。

次に、本日、町長より、議案第58号 北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに伴う財産処分の協議について、議案第59号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、及び諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてが提出されましたので、報告いたします。

山岸裕始議員から、12月6日の会議における発言について、一般質問として不適切であったとの理由により、発言取り消しの申し出がありました。詳細はお手元の申出書のとおりであります。

お諮りいたします。これを許可することにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議なしと認めます。

よって、山岸裕始議員からの発言取り消しの申し出を許可することに決定いたしました。

────────────────────────────────────────────

◎議事日程の報告

○議長(小渕晃君)本日の日程は、お手元へ配付いたしました印刷物のとおりであります。

────────────────────────────────────────────

◎常任委員長報告(議案)

○議長(小渕晃君)これより直ちに日程に入ります。

日程第1、総務産業常任委員長報告を行います。

総務産業常任委員会に付託されました、日程第2、議案第51号から日程第4、議案第56号までを、会議規則第37条の規定により一括議題とし、総務産業常任委員会の審査報告を求めます。

渡辺総務産業常任委員長。

〔総務産業常任委員長 渡辺建次君登壇〕

○総務産業常任委員長(渡辺建次君)総務産業常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

12月11日午前9時から公民館講堂において、委員7名中7名の出席と委員外議員多数の出席を得て、総務産業常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、12月会議で付託された議案第51号 小布施町暴力団排除条例について、議案第53号 平成24年度小布施町一般会計補正予算(第6号)について、議案第56号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更についてであり、慎重に審査いたしました。

初めに、副町長、教育長、行政経営部門総括参事等の出席を求め、直ちに質疑を行いました。

議案第51号についての質疑の主なものとして、第4条にある暴力団の排除に関する施策を総合的に推進するとはどういうことなのか。第7条第1項で「許可をしないことができる。」とあるが、「許可をしない。」にできないか等の発言がありました。

議案第53号についての質疑の主なものとして、時間外勤務手当の追加は何を想定しているのか。総合体育館トイレ修繕工事は当初予算1,000万円だったが、今回の670万円減額との差は何か。当初予算のときの総合体育館トイレの緊急性が変わってしまったのか。

小学校環境整備事業で地下タンク工事見送りの理由は何か。現状は消防法にのっとっているのか。土木費の道路草刈り等委託料の追加は、これからどこをやるのか。橋梁暗渠修繕工事の場所はどこか。所得割は当初予測できなかったのか。教育委員会事務局費の扶助費は学校内の事故なのに、なぜ保険外なのか。どういう事故だったのか。観光イベント会場借り上げの内容は何か。観光協会と町のすみ分けはどうなっているのか等の発言がありました。

議案第56号についての質疑はありませんでした。

以上が本委員会に付託された案件の審査内容であり、副町長、行政経営部門総括参事等から詳細な答弁がありました。

慎重審査を期すために議員間討議を行い、討論を省略して採決の結果、議案第51号、議案第53号及び議案第56号は全員挙手で、原案のとおり可決すべきものと決しました。

以上、総務産業常任委員会審査報告といたします。

平成24年12月14日、総務産業常任委員長、渡辺建次。

○議長(小渕晃君)以上で総務産業常任委員長報告が終わりました。

────────────────────────────────────────────

◎常任委員長報告の一括質疑、討論、採決

○議長(小渕晃君)これより一括して質疑に入ります。

委員長報告に対し質疑はありませんか。

                          〔発言する人なし〕

○議長(小渕晃君)別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、議案第51号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第51号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第53号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第53号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第56号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第56号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

────────────────────────────────────────────

◎常任委員長報告(議案)

○議長(小渕晃君)日程第5、社会文教常任委員長報告を行います。

社会文教常任委員会に付託されました、日程第6、議案第54号から日程第8、議案第57号までを、会議規則第37条の規定により一括議題とし、社会文教常任委員会の審査報告を求めます。

小林社会文教常任委員長。

〔社会文教常任委員長 小林茂君登壇〕

○社会文教常任委員長(小林茂君)社会文教常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

12月11日午前10時から公民館講堂において、委員7名中6名の出席と委員外議員多数の出席を得て、社会文教常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、12月会議で付託された議案第54号 平成24年度小布施町国民健康保険特別会計補正予算について、議案第55号 平成24年度小布施町介護保険特別会計補正予算について、議案第57号 北信保健衛生施設組合規約の変更についてであり、慎重に審査いたしました。

初めに、副町長、健康福祉部門総括参事等の出席を求め、直ちに質疑を行いました。

議案第54号についての質疑として、一般披保険者高額療養費が1,567万円増額した内容は何かとの発言がありました。

議案第55号についての質疑として、一般管理費の電算委託料について、制度改正があるとして当初予算に計上したが、なぜ今回増額になるのかとの発言がありました。

議案第57号についての質疑として、例規集に載っている組合の規約が、平成10年から改正されていないとの発言がありました。

以上が本委員会に付託された案件の審査内容であり、健康福祉部門総括参事等から詳細な答弁があり、慎重審査を期すために議員間討議を行い、討論を省略して採決の結果、議案第54号、議案第55号及び議案第57号は、全員挙手で、原案のとおり可決すべきものと決しました。

以上、社会文教常任委員会審査報告といたします。

平成24年12月14日、社会文教常任委員長、小林茂。

○議長(小渕晃君)以上で社会文教常任委員長報告が終わりました。

────────────────────────────────────────────

◎常任委員長報告の質疑、討論、採決

○議長(小渕晃君)これより質疑に入ります。

委員長報告に対し質疑はありませんか。

                                〔発言する人なし〕

○議長(小渕晃君)別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、議案第54号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第54号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第55号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第55号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第57号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第57号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

────────────────────────────────────────────

◎常任委員長報告(陳情)

○議長(小渕晃君)日程第9、政策立案常任委員長報告を行います。

政策立案常任委員会に付託されました日程第10、陳情第7号から、日程第13、陳情第10号までを、会議規則第37条の規定により一括議題とし、政策立案常任委員会の審査報告を求めます。

川上政策立案常任委員長。

〔政策立案常任委員長 川上健一君登壇〕

○政策立案常任委員長(川上健一君)政策立案常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

12月10日午後1時30分から公民館講堂において、委員7名中7名の出席と委員外議員多数の出席を得て、政策立案常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、12月会議で付託された陳情第7号 安心できる介護保険制度の実現を求める陳情書、陳情第8号 国立病院と地域医療の充実を求める陳情書、陳情第9号 「須高地域への特別支援学校高等部設置」を求める陳情書、陳情第10号 基幹水利施設ストックマネジメント事業の助成に関する陳情書についてであり、陳情人に出席を求めて慎重に審査いたしました。

陳情第7号についての質疑の主なものとして、賃金の格差はどこの地域の比較なのか。介護する時間が短くなったのは、在宅介護の時間が短縮されたのか等の発言がありました。

陳情第8号については、説明者の出席がありませんでしたので、質疑はありませんでした。

陳情第9号についての質疑の主なものとして、須坂支援学校の在籍児童数13人のうち小布施町の児童は何人いるか。長野市にある養護学校と旧第2通学区が近いので、県は消極的なのではないか。25年度開設の中学部の場所はどこになるのか。高等部はどこの場所を予定しているのか。この活動をしている保護者は何人くらいいるのか。小布施町の小・中学校で特別支援学級の児童・生徒は何人いるのか。須坂市の高校再編にあわせて特別支援学校設立の要望をしたと思うが、どうなったのか等の発言がありました。

陳情第10号についての質疑の主なものとして、組合員は何人いて、専業農家はどのくらいいるのか。ストックマネジメント事業をやると寿命はどのくらい延びるのか。30年前設置したときの地元負担はどのくらいだったのか等の発言がありました。

以上が本委員会に付託された案件の審査内容であり、陳情者から詳細な説明がありました。

慎重審査を期すために議員間討議を行い、討論を省略して採決の結果、陳情第7号、陳情第8号及び陳情第10号については挙手多数、陳情第9号については全員挙手で原案のとおり採択すべきものと決しました。

なお、陳情第10号については、会議規則第95号の規定により、審査結果に意見書をつけて町長に提出することが適当であると決しました。

意見書につきましては、お手元の資料のとおりであります。

以上、政策立案常任委員会審査報告といたします。

平成24年12月14日、政策立案常任委員長、川上健一。

○議長(小渕晃君)以上で政策立案常任委員長報告が終わりました。

────────────────────────────────────────────

◎常任委員長報告の一括質疑、討論、採決

○議長(小渕晃君)これより一括して質疑に入ります。

委員長報告に対し質疑はありませんか。

                                〔発言する人なし〕

○議長(小渕晃君)別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、陳情第7号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより陳情第7号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は採択であります。本案を委員長報告のとおり採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手多数〕

○議長(小渕晃君)挙手多数であります。

よって、本陳情を採択することに決定いたしました。

お諮りいたします。

ただいま採択されました陳情の願意は、意見書の提出であります。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任願いたいと思いますが、ご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議ないものと認めます。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任することに決定いたしました。

次に、陳情第8号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより陳情第8号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は採択であります。

本案を委員長報告のとおり採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手多数〕

○議長(小渕晃君)挙手多数であります。

よって、本陳情を採択することに決定いたしました。

お諮りいたします。

ただいま採択されました陳情の願意は、意見書の提出であります。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任願いたいと思いますが、ご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議ないものと認めます。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任することに決定いたしました。

次に、陳情第9号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより陳情第9号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は採択であります。

本案を委員長報告のとおり採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本陳情を採択することに決定いたしました。

お諮りいたします。

ただいま採択されました陳情の願意は、意見書の提出であります。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任願いたいと思いますが、ご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議ないものと認めます。

よって、意見書の案文、提出先は議長に一任することに決定いたしました。

次に、陳情第10号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより陳情第10号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は採択であります。

本案を委員長報告のとおり採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本陳情を採択することに決定いたしました。

────────────────────────────────────────────

◎委員会提出議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決

○議長(小渕晃君)日程第14、委員会提出議案第3号 基幹水利施設ストックマネジメント事業の助成に関する意見書についてを議題といたします。

政策立案常任委員長から提案理由の説明を求めます。

川上政策立案常任委員長。

〔提案理由説明〕

○議長(小渕晃君)以上で委員会提出議案第3号の説明が終わりました。

これより質疑に入ります。

本案に対し質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕晃君)別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、委員会提出議案第3号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより、委員会提出議案第3号について採決いたします。

本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

────────────────────────────────────────────

◎出納検査の報告

○議長(小渕晃君)日程第15、議会報告第8号 出納検査の報告を行います。

事務局職員から朗読させます。

                             〔事務局長朗読〕

○議長(小渕晃君)以上で朗読が終わりました。

続いて、監査委員から報告を求めます。

畔上監査委員。

                              〔監査委員 畔上洋君登壇〕

○監査委員(畔上洋君)それでは、例月出納検査の結果についてご報告申し上げます。

1番として、検査の概要を申し上げます。

検査の対象としたものは、平成24年9月分、10月分及び11月分の次に申し上げる各会計、基金等に係る現金、預貯金等の出納の保管状況でございます。

一般会計、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、介護保険特別会計、同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計等、末尾の一時借入金まででございます。

検査の実施日は、平成24年9月28日、同年10月29日、同年11月28日でございます。

検査手続でございますが、検査の対象となった現金等の出納について、会計管理者から提出された資料と各金融機関の預貯金及び関係帳簿、証拠書類等との照合その他通常実施すべき検査を行いました。

2番目として、検査の結果でございますが、平成24年9月21日現在、平成24年10月22日現在及び平成24年11月20日現在における現金、預貯金及び会計管理者から提出されました収支計算書その他の資料に記載されたこれらの金額は、いずれも関係帳簿等の記載金額と一致し、計数上の誤りはないものと認められました。

なお、各会計別の現金等の出納状況、基金明細等は、お手元の別表のとおりでございます。

平成24年12月14日、小布施町監査委員、畔上 洋、小布施町監査委員、大島孝司でございます。

以上が報告ございますが、ここで一つつけ加えさせていただきたいと思います。お時間をお借りします。

本年、当町においてマスコミ報道された問題案件、皆様ご存じかと思うんですけれども、2件ほどございました。そこで、この件につきましては当町の行政に係る問題ではございませんが、これを対岸の火事としてとらえず、また、縦割り行政というものが問われていると思いますけれども、この中にあって、いわゆるコンプライアンス、法令遵守、そしてまた、リスクマネジメントということへの取り組みについて、改めて再考というか、お考えいただくか、あるいは注意していただくよう、当局にお願いしたいと思いますけれども。

以上でございます。

○議長(小渕晃君)以上で監査委員からの報告が終わりました。

これをもって出納検査の報告を終わります。

────────────────────────────────────────────

◎議案第58号の上程、説明、質疑、委員会付託

○議長(小渕晃君)日程第16、議案第58号 北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに伴う財産処分の協議についてを議題といたします。

理事者から提案理由の説明を求めます。

竹内健康福祉部門総括参事。

〔提案理由説明〕

○議長(小渕晃君)以上で議案第58号の説明が終わりました。

これより質疑に入ります。

本案に対し質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕晃君)別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

お諮りいたします。

ただいま議案となっております議案第58号は、お手元へ配付いたしました議案付託一覧表のとおり、社会文教常任委員会へ付託したいと思います。これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議ないものと認めます。

よって、議案第58号は、お手元へ配付いたしました議案付託一覧表のとおり、社会文教常任委員会へ付託することに決定いたしました。

なお、議案第58号につきましては、本日この後、社会文教常任委員会を開催し、審査をお願いいたします。

────────────────────────────────────────────

◎議案第59号の上程、説明、採決

○議長(小渕晃君)日程第17、議案第59号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

理事者から提案理由の説明を求めます。

市村町長。

〔提案理由説明〕

○議長(小渕晃君)以上で説明が終わりました。

本案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略して直ちに採決に入りたいと思います。

これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議ないものと認めます。

よって、質疑、討論を省略して直ちに採決に入ります。

本案を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔起立全員〕

○議長(小渕晃君)全員起立であります。

よって、議案第59号は原案のとおり同意することに決しました。

────────────────────────────────────────────

◎諮問第1号の上程、説明、採決

○議長(小渕晃君)日程第18、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

理事者から提案理由の説明を求めます。

市村町長。

〔提案理由説明〕

○議長(小渕晃君)以上で説明が終わりました。

本案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略して直ちに採決に入りたいと思います。

これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議ないものと認めます。

よって、質疑、討論を省略して直ちに採決に入ります。

本案に対する議会の意見として、これを適任とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

〔起立全員〕

○議長(小渕晃君)全員起立であります。

よって、諮問第1号に対する意見は、これを適任とすることに決定いたしました。

先ほど、社会文教常任委員会に付託しました議案第58号 北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに伴う財産処分の協議について、社会文教常任委員会を開催し、審査をお願いいたします。

暫時休憩いたします。

休憩 午後2時41分

再開 午後3時10分

○議長(小渕晃君)再開いたします。

休憩前に引き続き、会議を開きます。

ただいま、社会文教常任委員長から、先ほど委員会に付託しました案件にかかわる委員会審査報告書が提出されましたので、ご報告いたします。

お諮りいたします。

お手元に配付いたしました追加日程のとおり、追加日程第1、社会文教常任委員長報告、及び追加日程第2、議案第58号 北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに伴う財産処分の協議についてを日程に追加し、議題としたいと思います。これにご異議はございませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議ないものと認めます。

よって、追加日程第1 社会文教常任委員長報告及び追加日程第2、議案第58号 北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに伴う財産処分の協議についてを日程に追加いたします。

────────────────────────────────────────────

◎社会文教常任委員長報告及び議案第58号の質疑、討論、採決

○議長(小渕晃君)追加日程第1 社会文教常任委員長報告を行います。

社会文教常任委員会に付託されました追加日程第2、議案第58号について、社会文教常任委員会の審査報告を求めます。

小林社会文教常任委員長。

〔社会文教常任委員長 小林茂君登壇〕

○社会文教常任委員長(小林茂君)社会文教常任委員会審査報告。

社会文教常任委員会における審査の経過及び結果のご報告をいたします。

本日午後2時45分から公民館講堂において、委員7名中7名の出席と委員外議員多数の出席を得て、社会文教常任委員会を開きました。

会議に付した案件は、12月会議で付託された議案第58号 北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに件う財産処分の協議についてであり、慎重に審査いたしました。

初めに副町長、健康福祉部門総括参事等の出席を求め、直ちに質疑を行いました。

議案第58号の質疑の主なものとして、公衆用道路とはどういう道路か。議案第57号と同時に上程されなかったのはなぜか。広い土地になるが、1カ所にまとまった施設か。小布施町はし尿処理事業に加入していないが、小布施町への協議がなぜ必要なのか等の発言があり、健康福祉部門総括参事等から詳細な答弁がありました。

慎重審査を期すために議員間討議を行い、討論を省略して採決の結果、議案第58号は全員挙手で、原案のとおり可決すべきものと決しました。

以上、社会文教常任委員会審査報告といたします。

平成24年12月14日、社会文教常任委員長、小林茂。

○議長(小渕晃君)以上で社会文教常任委員長報告が終わりました。

これより質疑に入ります。

委員長報告に対し質疑はありませんか。

〔発言する人なし〕

○議長(小渕晃君)別に発言がありませんので、以上をもって質疑を終結いたします。

次に、議案第58号について討論に入るわけですが、討論の通告がありませんので、討論はないものと認めます。

これより議案第58号について採決いたします。

本案に対する委員長報告は原案可決であります。

本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

〔挙手全員〕

○議長(小渕晃君)全員挙手であります。

よって、本案は原案のとおり可決されました。

────────────────────────────────────────────

◎休会の議決について

○議長(小渕晃君)これをもって本会議に付議された案件の審議は全部終了いたしました。

12月会議を閉じ、平成24年小布施町議会を散会したいと思います。これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議ないものと認めます。

12月会議を閉じ、平成24年小布施町議会を散会することに決定いたしました。

お諮りいたします。

本議会は、議事の都合により、この後、あす15日から2月28日までの76日間を休会といたしたいと思います。これにご異議はありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕

○議長(小渕晃君)ご異議ないものと認めます。

よって、あす15日から2月28日までの76日間を休会とすることに決定いたしました。

────────────────────────────────────────────

◎町長あいさつ

○議長(小渕晃君)ここで町長からあいさつがあります。

市村町長。

                             〔町長 市村良三君登壇〕

○町長(市村良三君)一言ごあいさつを申し上げます。

小布施町議会12月会議に上程をいたしました議案につきまして、慎重にご審議を賜り、本日提出いたしました北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに伴う財産処分の協議、固定資産評価審査委員会委員及び人権擁護委員の人事案件も含め、いずれも原案のとおり議決・同意をいただきましたことに、厚く御礼を申し上げます。ありがとうございます。

12月会議初日のあいさつで申し上げましたとおり、ことしは、大きな災害もなく、平穏に過ごせた1年であり、おぶせミュージアム・中島千波館開館20周年、フローラルガーデンおぶせ開園20周年、北斎館開館35周年、新生病院創立80周年と、区切りの年でもありました。

人口が減少する中、若者の大都市への流失はとまらず、地方は少子高齢化に拍車がかかり、当町においても人口の維持・増加が喫緊の課題となっております。

本年1月より定住促進プロジェクトチームを立ち上げ、新規就農支援、修学旅行の誘致等都市農村交流事業の拡大、町で起業をしていただく方や、ベッドタウンとして居住いただく方々に空き家情報のご案内など、さまざまな事業に取り組んでまいりました。

9月に開催をいたしました若者会議参加者の中には、具体的にみずから小布施とのかかわりを持とうとする若者も何人かあらわれています。

今後も若い世代の皆さんの居住に継続して取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

来年1月15日から2月8日の間、地域公共交通調査事業の実証実験として、プロの調査会社によるバスにての移動支援を行います。

これまで実施したアンケート等を集約し、町内の主要な箇所をつなぐ3つの巡回コースを定め、バスとワゴン車により巡回いたします。今回の運行では、朝夕の通勤通学時での長野電鉄小布施駅の発車、到着時刻との調整も図っております。議員各位にもぜひご利用をいただき、ご意見をいただきますようにお願い申し上げます。

本格的な冬を迎え、インフルエンザや風邪など感染症の流行が心配されます。県下ではノロウイルスが流行しており、県は11月14日に「ノロウイルス食中毒注意報」を発令し、注意を呼びかけております。

季節性インフルエンザも、平成21年に流行した新型インフルエンザと同じA型と、いわゆるA香港型、B型の3種類が流行の可能性があるとされております。

町では感染リスクの高いお子さんやご高齢の皆さんを対象に、来年1月を期限にインフルエンザワクチン接種費用助成を行っております。制度を利用され、なるべく早く、多くの皆さんに接種いただくとともに、外出から戻った際は、うがいや手洗いなどを行っていただきますようにお願いを申し上げたいと思います。

次に、原子力災害対策でありますけけれども、長野県地域防災計画における原子力災害対策計画編を参考に、当町における災害対策の策定を始めております。過日、防災会議幹事会を開催し、役場内部における検討を始めており、12月27日には防災会議を開催し、原子力災害対策を策定していく予定であります。

次に、歴史と伝統のある小布施のブランド「小布施栗」の品質と生産性向上のため、「小布施栗品質向上プロジェクト」を、栗菓子製造の皆さん、栗生産者の皆さん、JA須高の皆さんと立ち上げました。

先人が長い歴史の中ではぐくんでこられた小布施栗の名声を、未来に向かって大切につなげ、さらに磨きをかけようと、まずは「小布施栗の伝統と歴史を語り合う」をテーマに、12月27日に公民館講堂で小布施栗シンポジウムを開催いたします。年末を迎え、何かと慌ただしいときとは存じますけれども、議員各位のご参加もお願いを申し上げるところでございます。

12月に入り、はや二度の降雪がありましたが、本格的な降雪期を迎え、11月29日に除雪対策会議を開催いたしました。通勤・通学路を中心とした除雪路線は、除雪機やオペレーターの確保に努めた結果、昨年より5キロほど長い85キロを確保することができました。

このほかの路線は、大変申しわけないことでありますけれども、自治会に配置させていただいている除雪機をご利用いただくなど、地域の皆さんで除雪を行っていただくようお願いを申し上げるところであります。

今会議で補正をお認めいただきました音楽堂のトイレ整備工事は、一日も早く利用者の皆さんにご利用いただけるように、直ちに工事を進めるとともに、歴史ある音楽堂の景観を損なうことのないように、十分に留意してまいります。

結びに、本会議、常任委員会において議員各位から賜りましたご意見、ご要望を十分に踏まえ、今後の町政執行に遺憾なきよう努めてまいりますので、ご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

本年も余すところわずかとなりました。寒さも真冬並みとなってまいりました。これからさらに厳しい寒さと降雪が予想されます。

議員各位にはご自愛をいただき、希望に満ちた新年を迎えられますよう祈念申し上げ、簡単ではございますが、ごあいさつといたします。ありがとうございました。

○議長(小渕晃君)以上で町長のあいさつが終わりました。

────────────────────────────────────────────

◎散会の宣告

○議長(小渕晃君)これにて12月会議を閉じ、散会いたします。

ご苦労さまでした。

散会 午後3時23分

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。