ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課農業振興係 > 春の山火事予防運動が実施されます

春の山火事予防運動が実施されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月27日更新

長野県では山火事発生の危険期を迎えるにあたり、予防意識の普及と森林の保全と地域の安全を図るため平成30年春の山火事予防運動を実施します。

期間

平成30年3月1日(木)~5月31日(木)

統一標語

小さな火 大きな森を 破壊する

注意点

冬から春にかけて、山では枯葉や枯草が多くなることに加え、空気の乾燥や季節風あるいはフェーン現象などの気象条件等から、山火事発生の危険性が高い時期となります。
山火事はいったん発生するとその消火は容易ではなく、一瞬にして貴重な森林を焼失するとともに、その回復には長い年月と多くの労力を要することとなります。
とりわけ、これから暖かくなるにつれ、山に入る機会も多くなりますが、特に、空気が乾いている日や風が強い日には、たき火や野焼きをしないなど、火の取り扱いには十分な注意が必要です。

  • 枯草等のある場所ではたき火をしないこと
  • 火気の使用中はその場を離れず、使用後は完全に消火すること
  • 強風時及び乾燥時にはたき火・火入れをしないこと
  • 火入れを行う際、許可を必ず受けること
  • たばこは指定された場所で吸い、喫煙後は必ず消すとともに吸い殻を投げ捨てないこと

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。