ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 産業・まちづくり > 産業振興 > 農業 > 相続等により農地を取得したとき

相続等により農地を取得したとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月14日更新

相続等により農地を取得したときの届出

相続等により農地法の許可を受けることなく、農地の権利を取得した方は、その農地のある市町村の農業委員会への届出が必要です。相続した方が地元を離れていて、自分で耕作できない場合など、農地の管理についてのご相談や借り手を探すお手伝いをします。

届出が必要な場合

相続(遺産分割・包括遺贈・相続人に対する特定遺贈を含む)、法人の合併・分割、時効等

届出の時期

権利を取得したことを知った時点から10ヶ月以内

※この届出は農業委員会に権利取得の内容等を知らせるものであり、権利取得の効力を発生させるものではありません。

3条の3第1項の規定による届出書 [Wordファイル/49KB]

3条の3第1項の規定による届出書 [PDFファイル/102KB]

3条の3第1項の規定による届出書(記入例) [PDFファイル/154KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)