ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課農業振興係 > カイガラムシの発生を防ぐため薬剤を散布しましょう

カイガラムシの発生を防ぐため薬剤を散布しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

近年、栗畑を中心にカイガラムシが発生し、被害報告が寄せられています。
カイガラムシは栗の枝や幹から樹液を吸汁して樹を衰弱させます。さらに、りんごやもも、ぶどうなどの果樹園にも被害が拡大しています。
発生を防ぐには栗の発芽前に薬剤を散布することが重要です。カイガラムシから栗や果樹を守るために、薬剤散布をお願いします。

被害木 カイガラムシの被害木(白や灰色のウロコ状に付着する)

散布期間

3月26日~4月2日頃 ※期間は目安です。発芽前に終わらせるようにしてください

散布薬剤

水にスプレーオイル(2%)と石灰硫黄合剤(5%)を混ぜたもの
 

散布量

10a(1反)当たり300ℓ

その他


詳しい防除方法など不明な点は、JAながの小布施アグリサポートセンターへお問い合わせください。

問い合わせ

JAながの小布施アグリサポートセンター
☎026-247-3132

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。