ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課農業振興係 > 農作物を野生動物から守る取組を紹介します

農作物を野生動物から守る取組を紹介します

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月1日更新

野生鳥獣による農作物への被害を防ぐための小布施町の取組を紹介します

現在、雁田山の野生動物から農作物への被害を防ぐため以下の取り組みを行っています。
これらの取り組みが効果を挙げ続けるためには、幅広く広範な皆様のご協力が必要です。
取り組みの基本は守る、追い払うといった防除対策です。
捕獲に頼らずに農作物被害を防ぎ、野生動物が住む豊かな自然を次の世代へ残すため、一緒に野生鳥獣対策に取り組みませんか。

守る

  • 緩衝帯の整備(毎年11月に実施)
  • 防護柵(電気柵)の設置と維持管理 

一緒に取り組んでいただける方を募集します。(日程が決まり次第募集します。)

追い払う

  •  モンキードッグの巡回(猿を見かけたら追い払うよう訓練された犬。現在3頭が活躍中)

平成26年度からモンキードッグとして活躍してくれる犬を募集しています。

獲る

  • 被害を与えている鳥獣を捕獲、駆除

狩猟免許を取得し、猟友会員として有害鳥獣駆除を行ってくれる人を募集しています。→平成26年度狩猟免許のお知らせ

人里に近づく理由

  • 食べ物が容易に手に入る
  • 人が怖くない
  • 農地と森林が近く、人に気づかれずに農地に侵入できる など

これらを防ぐためには、被害の多い地域の農家の皆さんや猟友会の皆さん個々の対応だけでは限界があります。
地域や町全体で取り組みを行うことで、野生動物が出にくい環境の人里へと変わっていきます。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。