ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 健康福祉課福祉係 > 認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月1日更新

認知症サポーター養成講座

小布施町では、認知症高齢者やその家族が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを進めるため、認知症を正しく理解し認知症の人や家族を支援する「認知症サポーター」の養成を進めています。

認知症サポーターとは

「認知症サポーター養成講座」を受けた方が「認知症サポーター」です。すでに全国で100万人以上のサポーターが養成されています。

講座を受講して認知症を正しく理解し、認知症の人と出会ったときに適切な対応をすることができ、認知症の人と介護する家族を温かく見守り、応援しようとする人たちです。

何かを特別にやっていただくというものではありません。 友人や家族にその知識を伝えたり、隣人としてあるいは商店・交通機関等、まちで働く人としてできる範囲で手助けをしたりします。

認知症サポーター養成講座とは

90分程度の講座で、認知症の基礎知識を学んでもらい、認知症を正しく理解していただきます。
講座終了後に認知症サポーターの証である”オレンジリング”をお渡しします。


   認知症サポーター養成講座 オレンジリング
これが認知症の方を支援する「目印」となります。

申し込み方法

実施予定日の2か月前までに、以下の書類を添えて小布施町地域包括支援センターへ申し込んでください。


・認知症サポーター養成講座 開催申込書

認知症サポーター養成講座 開催申込書 [PDFファイル/82KB]

・認知症サポーター養成講座 参加者名簿

認知症サポーター養成講座 参加者名簿 [PDFファイル/81KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)