ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 生活・福祉・健康 > 福祉・介護 > 高齢者福祉 > 介護保険在宅サービス利用料の助成(町福祉基金事業)
ホーム > 分類でさがす > 生活・福祉・健康 > 生活の出来事 > 高齢者・介護 > 介護保険在宅サービス利用料の助成(町福祉基金事業)

介護保険在宅サービス利用料の助成(町福祉基金事業)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月13日更新

趣旨

小布施町社会福祉協議会が所管する町福祉基金を活用し、低所得の方の介護保険在宅サービス利用料を助成します。

助成の対象者

住民税非課税世帯の介護保険在宅サービス利用者

助成の対象となる介護保険在宅サービスの種類

訪問サービス

  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護(介護予防訪問入浴介護)
  • 訪問看護(介護予防訪問看護)
  • 訪問リハビリテーション(介護予防訪問リハビリテーション)
  • 居宅療養管理指導

通所サービス

  • 通所介護(介護予防通所介護)
  • 通所リハビリテーション(介護予防通所リハビリテーション)

宿泊サービス

  • 短期入所生活介護(介護予防短期入所生活介護)
  • 短期入所療養介護(介護予防短期入所療養介護)

地域密着型サービス

  • 小規模多機能型居宅介護(介護予防小規模多機能型居宅介護)等

その他

  • 福祉用具貸与

助成の内容

介護保険のサービスを利用したとき、通常、利用者はかかった費用の10%の金額を負担します。
この自己負担額が5%になるように助成金を給付します。
ただし、高額介護(支援)サービス費が支給になる場合は、最終的に利用者が負担すると確定した額の50%を給付します。

手続きの方法

助成金給付確認証の交付手続き

申請書を地域包括支援センターまたは福祉係に提出してください。
審査の結果、助成の対象となる方には、「助成金給付確認証」を交付します。

助成金の給付手続き

1. 介護保険サービスを利用し、利用料(サービス費用の10%)を事業者に支払います。

2. サービス利用期間3カ月分ごとに期限までに小布施町社会福祉協議会(健康福祉センター内)に給付申請してください。
サービス利用期間給付申請期限
1月から3月に利用したサービス

5月末日

4月から6月に利用したサービス

8月末日

7月から9月に利用したサービス

11月末日

10月から12月に利用したサービス

2月末日

※申請時に必要なもの

  • 助成金給付確認証
  • 印鑑
  • 介護サービスの領収証
  • 振込先口座番号

3. 内容を審査し、給付申請のあった月の翌月に指定の金融機関に入金します。

問い合わせ・申請先

地域包括支援センターまたは福祉係

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)