ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 生活・福祉・健康 > ペット > 犬・ねこ > 犬の飼い主さんへ(マナーのお願い、飼育に変更があったとき)

犬の飼い主さんへ(マナーのお願い、飼育に変更があったとき)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月26日更新

マナーを守りましょう

一部の無責任な飼い主の行動で迷惑を受けている人がいます。
犬に対する以上に隣人へこまやかな配慮をお願いします。

散歩時のふん・尿について

愛犬には散歩前の排せつをしつけ、もし道路や公園でふんをしたら必ず持ち帰るよう、ふんを片づける道具を携帯しましょう。
また、よそのお宅の玄関や塀などに尿をさせないなどの配慮をお願いします。

ドッグランを除き屋外では一時でも犬を放さないでください

町内の公園で飼い主が犬を放していたため、子どもがかまれる事故がありました。

飼い犬を自由な状態にしておくことは長野県条例で禁止されており、守らない場合は、行政指導や罰則を科せられることがあります。
犬が人をかむ事故が起きた場合には、長野県に届け出る必要があり、被害者に対して責任を負います。

飼い主にとってはおとなしい犬でも、他の人は怖いと思うことがあります。
屋外で放し飼いをすることや散歩中に犬を自由にすることは絶対に止めてください。
また、散歩中の引き綱は長く伸ばさず、犬をコントロールできる長さにしましょう。

ご近所への配慮をお願いします

飼い主は、動物による鳴き声や臭いなどで人に迷惑をかけないように管理する義務があります。
しつけや清掃をきちんと行い、周囲の方への配慮をお願いします。
大きな鳴き声は、体調の悪化のせいかもしれません。普段と違う様子があったら動物病院で受診するなど適切な管理をお願いします。

飼い主明示をお願いします

大切な犬が逃げてしまい犬が保護されたとき、首輪に鑑札や注射済票などで飼い主明示があれば連絡することができます。
保護された犬は、飼い主が分からない場合保健所に搬送されます。
いったん保健所に収容されると飼い主が分かっても収容日数に応じて引き取り費用がかかります。
大切な家族のために、必ず飼い主の明示をしてください。

犬を登録したときから変更があった場合、犬が死んでしまった場合

転居で住所が変わったときや飼い主が変わったとき、犬が死んでしまったときは、必ず届け出てください。
届出がないと狂犬病予防注射のお知らせが届かなかったり、犬がいなくても届いたりしてしまいます。