ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 生活・福祉・健康 > ゴミ・リサイクル・し尿 > ごみ > 家電リサイクル法対象製品(家電4品目)の処分方法
ホーム > 分類でさがす > 生活・福祉・健康 > ゴミ・リサイクル・し尿 > リサイクル > 家電リサイクル法対象製品(家電4品目)の処分方法

家電リサイクル法対象製品(家電4品目)の処分方法

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月20日更新

家電リサイクル法とは?

家電製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。
対象製品は、消費者・販売店・製造メーカーが協力してリサイクルに取り組みます。

家電リサイクルについての詳細は、次のホームページをご覧ください。

リンク(新規ウィンドウが開きます。)

家電リサイクル法の対象となる4製品

対象品目
テレビブラウン管式、液晶式、プラズマ式いずれも対象。
パソコンのディスプレイは対象外(パソコンリサイクル)。電池が電源のポータブル式は対象外
洗濯機・衣類乾燥機洗濯機は、全自動、二槽式ともに対象。
衣類乾燥機は、電気式、ガス式ともに対象
冷蔵庫・冷凍庫ワイン庫(ワインセラー)も対象
エアコンウインド形、セパレート形(壁掛け、床置き共)、室外機も対象。
天井・壁埋め込み型は対象外
業務用として製造・販売されているものは、家電リサイクル法の対象外ですので、産業廃棄物として適切に処分してください。 
家庭用を事業で使用していたものは、家電リサイクル法の対象となります。

処分(リサイクル)に必要な費用

リサイクル料金(及び振込手数料) + 収集・運搬料金

リサイクル料金は、製品の製造メーカーにより異なります。
一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページで確認してください。

リンク(新規ウィンドウが開きます。)

対象製品の処分方法

対象となる家電製品の処分方法は、法律で定められています。
町では引取り、処理できませんので、以下のいずれかの方法で処分してください。

買い替えの場合

新しい製品を購入する店に引き取りを依頼してください。

買い替えせずに処分のみする場合

処分する製品を購入した店に引き取りを依頼してください。

その他(家電リサイクル券システムの利用)

  • 製品を購入した店が無くなってしまった。忘れてしまった。
  • 引っ越しや通信販売のため、購入した店が近くにない。

    などの場合は、家電リサイクル券システムを利用しての処分をお願いします。

    リサイクル券の入手

    郵便局・ゆうちょ銀行で、処分しようとしている製品の家電リサイクル料金を支払い、リサイクル券を入手します。

    リサイクル券を製品に貼り付け、次のいずれかの方法で処分してください。

    自分で指定引取場所に持ち込む。

    指定引取場所は、2か所あります。いずれかに持ち込んでください。

  • 1.
    名称:信州名鉄運輸株式会社 長野指定引取所
    住所:長野市真島町川合字村西240-1
    電話:026-214-7556
    2.
    名称:深沢産業株式会社
    住所:千曲市雨宮2060
    電話:026-272-2727
    一般廃棄物収集運搬業許可業者に、指定引取場所までの処理を依頼する。

    自分で指定引取場所に持ち込むことが困難な場合は、町長が許可した一般廃棄物収集運搬業者に収集運搬を依頼してください。

    一般廃棄物収集運搬業者の許可情報を参照してください。