ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 生活・福祉・健康 > ペット > 犬・ねこ > 狂犬病予防注射と犬の登録手続きを行ってください

狂犬病予防注射と犬の登録手続きを行ってください

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月20日更新
狂犬病予防法により、生後91日以上のすべての飼い犬は、狂犬病予防注射の接種と市町村への登録が義務付けられています。
登録は生涯1回、狂犬病予防注射は毎年1回必要です。
登録には、事前もしくは同時に狂犬病予防注射を接種する必要があります。

1. 町が実施する集合注射を受ける場合

狂犬病予防注射と犬の登録の方法

毎年4月と5月に狂犬病予防注射の集合注射を行っています。同時に新規登録することもできます。

平成29年度集合注射日程

期日

時間

場所

4月24日(月曜日)午前9時~10時旧丸都共選所
(町営グラウンド東側)
午前10時30分~11時30分小布施町役場駐車場
5月21日(日曜日)午前10時30分~11時30分小布施町役場駐車場

 

 

 

  • 料金 3,500円(注射料金2,950円、注射済票交付手数料550円)  
  • 同時に新規登録する場合は、別に登録手数料3,000円が必要です。
  • 登録済の方には事前に案内はがきを送付しています。はがきの問診欄に記入の上、当日お持ちください。

2. 動物病院で受ける場合

動物病院で狂犬病予防注射を受けた後、証明書を小布施町役場住民係窓口へお持ちになり、注射済票の交付を受けてください。

  • 料金 注射済票交付手数料550円(病院での診察・注射費用は含みません)
  • 同時に新規登録する場合は、別に登録手数料3,000円が必要です。

下記の須高管内の動物病院に限り、注射と同時に病院で注射済票の交付と新規登録を済ませることができます。

  • 須坂西動物病院(須坂市高梨町342−9 電話026-246-0577)
  • ツチヤ動物病院(須坂市相之島町1373-1 電話026-248-2835)
  • くらら動物病院(須坂市小山1345-1  電話026-214-5558)

3. 注射が出来ない場合

犬が病気や高齢で注射が出来ない場合は、動物病院発行の猶予証明を役場住民係窓口にお持ちいただく必要があります。

犬の登録内容に変更があった場合、犬が死んでしまった場合の手続き

転居で住所が変わったときや飼い主が変わったとき、犬が死んでしまったときは、必ず届け出てください。
届出がないと、狂犬病予防注射のお知らせが届かなかったり、犬がいなくても届いたりしてしまいます。