ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

任意加入について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月20日更新

将来受け取る年金を増やすために

自営業など、第1号被保険者には厚生年金のような上乗せの年金制度がありません。
将来受け取る年金額を増やすために、老齢基礎年金とセットで老後の経済的な支えとなる下記のような年金制度があり、希望すればご加入いただけます。
これらは公的年金制度ですので、掛け金は全額社会保険料控除の対象となる税務上の優遇があります。

付加年金

月々の定額保険料に付加保険料(月額400円)をプラスして納付すると、受給するとき、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。付加保険料は申込をした月の分から納付します。

〇付加保険料 月額400円
〇付加年金   年額200円×納付月数

国民年金基金

詳しくは下記国民年金基金ホームページをご覧ください。
※リンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます。

確定拠出年金(個人型)

詳しくは下記ホームページをご覧ください。
※リンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます。

※ご注意ください!
付加年金ご加入中の方は同時に、国民年金基金への加入はできません。