毒きのこによる食中毒に注意しましょう

例年秋になると毒きのこによる食中毒が集中して発生しています。毒きのこが原因の食中毒は、家庭で最も多く発生しています。
毒きのこによる食中毒を防ぐために、次の3つのポイントに注意しましょう。
もしキノコ中毒だと思ったら、すぐに医師の診察を受けましょう。食べたものが残っている場合は、受診の際お持ちください。

・知らないきのこは採らない、絶対に食べないようにしましょう。
・食べられるきのこの特徴を完全に覚えましょう。
・「柄が縦に避けるきのこは食べられる」「ナスと一緒に煮ると毒消しになる」などの誤った言い伝えは信じないようにしましょう。

長野県では「きのこ衛生指導員」による鑑別相談を実施しています。詳しくは、長野保健福祉事務所 食品・生活衛生課(026-235-7155)までお問い合わせください。※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、鑑別相談を実施できない場合があります。

カテゴリー

お問い合わせ

健康福祉課 健康係

電話:
026-214-9107