慶應義塾大学SFCとの新事業創造プログラムに参加いただける事業者を募集しています

 町では、慶應義塾大学の皆さんと協働し、学生ならではの視点や斬新なアイデアを生かすことで、町の産業振興に係る課題解決を目指した新商品開発・事業創造を行うプログラムを実施しています。つきましては、今年度のプログラムに参加いただける事業者を募集します。社会の課題解決を学ぶ学生と協働してみませんか?

慶應義塾大学SFCとの新事業創造プログラムとは

 協働と交流のまちづくりで育まれた慶應義塾大学とのつながりから、学生の起業や町の課題解決を目的に、平成30年度から実施しています。慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)の学生は、以下のことを学び、従来の学問領域の枠に捉われない研究を行っています。

総合政策学部 環境情報学部
政策立案や国際戦略、経済、コミュニケーションなどを学び、社会の課題を自ら見つけ、解決方法を考え、実践する 最先端のサイエンス、テクノロジー、デザインを駆使し、人文科学・社会科学の間を行き来しながら未解決の問題に取り組む

 そんな学生たちと町がタッグを組み、今年度は、①町の産業振興への貢献(短期)、②継続的に町に関わる学生を生み出すこと(中長期)、の2つを目的として実施します。事業者の方にとっては、学生の視点や突破力を取り入れることで、思ってもみなかったような新規販路や商品開発につながるアイデアが見つかったり、情報発信につながったりする可能性もあります!一昨年度のプログラムでは、株式会社東京會舘様と町内新規就農者と協働して商品企画・販売などの取り組みに繋がりました。
 
さらに、本プログラムをきっかけに本格的に取り組みを進める場合には、制度活用などの支援を行うことを検討しています。

スケジュール

期間 内容 開催方法
~10月中 学生募集  
11月下旬
~1月
プログラム
・現地視察・フィールドワーク
・コンセプトの企画
・ブランドを代表する1商品の企画・プロトタイプ
※1回90分×6回程度

オンライン

現地視察・フィールドワークは、小布施町での開催

令和7年3月 最終成果報告会 小布施町

参加者

慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部に在学する、事業創出や商品開発に関心がある学生

応募要件

・    小布施町内に事業所を有すること
・    月3回程度(各90分)のプログラムに参加いただけること

募集期間

令和6年7月8日(月)~7月29日(月)

留意事項

学生の募集はこれから行うため、お申し込みいただいても、集まった学生のニーズによっては事業者の決定を見送る可能性があります。

応募方法

申込書をご記入の上、企画財政課企画交流係へお申し込みください(メール、FAXも可)

事業者申込書 (PDF 107KB)

事業者募集チラシ (PDF 140KB)

 

カテゴリー