一般介護予防事業評価事業を実施しています

 町では、介護保険制度開始以前から独自の介護予防事業を展開し、町民の健康づくり・フレイル予防に取り組んでまいりました。そこで、第8期介護保険事業計画策定時に介護予防・日常生活支援総合事業の評価・分析が必要であると考え、令和3年度より研究員を委嘱し、一般介護予防事業評価事業を実施しています。

目的

 町と研究員それぞれの資源と能力等の活用を図りながら相互に協力のうえ介護予防・日常生活支援総合事業の内容を評価し、もって町民が健康でいきいきと暮らせる長寿社会の実現と町の活性化に寄与すること

研究員(情報提供先)

小渕 浩平(脳血管障害専門作業療法士・信州大学大学院医学系研究科保健学専攻・JA長野厚生連長野松代総合病院リハビリテーション部所属)

研究実施期間

令和3年6月1日~令和5年3月31日

研究対象となる方

町内に住民票のある65歳以上の方

利用する情報

年齢、性別、介護保険利用状況、健康診査受診状況、基本チェックリスト・「後期高齢者の質問票」の回答、おでこポイント制度への参加状況

※ 基本チェックリスト・「後期高齢者の質問票」について、回答に氏名・住所などが含まれている場合には、それらを除いた状態で利用します。

研究方法

 役場庁内で個人が特定できない状態に変換されたデータを用い、町高齢者のフレイルの概況や、介護予防教室、ボランティアなどの社会参加による健康への影響を分析します。

学術的使用について

 研究成果は、町広報誌のほか今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌などで発表しますが、回答者を特定できる個人情報は利用しません。

 この研究にご自身の情報や回答内容等を利用することをご了解いただけない場合、問い合わせ先(健康福祉課026-214-9108)までご連絡くださいますようお願いいたします。

 なお、研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。

 ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、資料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともございます。

カテゴリー

お問い合わせ

健康福祉課 高齢者福祉係

電話:
026-214-9108