ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化・美術館 > 歴史・史跡・文化財・美術館 > おぶせミュージアム・中島千波館 > 画集刊行記念「『中島千波作品集-こんな絵を描いてきました-』中島千波のあゆみ展」

画集刊行記念「『中島千波作品集-こんな絵を描いてきました-』中島千波のあゆみ展」

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月10日更新

画集刊行記念「『中島千波作品集-こんな絵を描いてきました-』中島千波のあゆみ展」

zyurei 中島千波「樹霊淡墨桜」四曲一隻屏風

本展は、展覧会初日に刊行する画業50周年を記念した作品集、『中島千波作品集―こんな絵を描いてきました―』の出版を記念した展覧会です。画集では花鳥画や人物画、挿絵やおもちゃシリーズなどの作品毎にまとめた章立てをしていますが、その章立てのとおり、展示室でジャンルにわけて作品を紹介します。第一章から第九章にも及ぶ作品群は、画家の制作の幅の広さを表し、どのジャンルも丁寧に描き、何でも描きこなす姿が見て取れると思います。

画業50周年―。画集に掲載しきれない作品も数多くありますが、中島千波がこれほどまでに精力的に活動してきた軌跡を、あらためて感じることができるのではないでしょうか。見応えのある作品の数々を、どうぞごゆっくりご鑑賞ください。

会期

5月10日(金曜日)~7月9日(火曜日) 会期中無休

開館時間

午前9時~午後5時(7月から午後6時まで)

入館料

一般500円、高校生250円、中学生以下無料

お得な三館共通入場券(1,300円)もぜひご利用ください。

展示構成

第一章 花を描く

第二章 花・風景・屏風

第三章 挿絵の仕事

第四章 おもちゃシリーズ・ミニアチュール

      野菜・果物

第五章 桜屏風

第六章 お寺・神社・緞帳の仕事

第七章 社会・人間とは

第八章 山を描く

第九章 版画