ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

企画展「ShinPA2019-迷宮-」開催しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月18日更新

ShinPA2019 -迷宮-

shinpa2019

今年も、東京藝術大学出身の若手作家によるグループ展、「ShinPA」展を開催します。
今年のテーマは「迷宮」。15人の作家の作品をどうぞご高覧ください。

会期

平成31年2月23日(土曜日)~5月7日(火曜日) 会期中無休

出展作家

井上越道/押元一敏/金丸悠児/金木正子/川本淑子/古家野雄紀/平良志季/高岡香苗/高橋浩規/高橋祐次田崎冬樹/田宮話子/堤岳彦/野地美樹子/山本陽光

主な出品作品

takaoka

高岡香苗「歌を歌って」 2018年

koyano

古家野雄紀「螺旋群像図」 2018年

takahashi

高橋祐次「竜のいる街」2018年

イベント

ShinPA スケッチ&ドローイング展 まちとしょテラソ

teraso

会期:2月23日(土曜日)~5月6日(月曜・祝日) 火曜日休館

時間:午前9時~午後8時

美術館と小布施町立図書館まちとしょテラソをスタンプラリーで結ぶ企画です。まちとしょテラソに出展作家15名のスケッチや習作を展示します。まちとしょテラソでスタンプを押したスタンプカードを美術館にお持ちいただくと、福引ができます。ぜひ挑戦してみてください。

まちとしょテラソ

作家によるギャラリートーク ※終了しました

2月23日(土曜日) 午後2時~3時30分

ゲストパネラー:中島千波(東京藝術大学名誉教授)/若林正臣(『月刊美術』編集長)       

出展作家によるワークショップ「きみもShinPAの絵を描いてみよう!」(要予約) ※終了しました

2月24日(日曜日) 午前10時30分~正午