ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習・生涯スポーツ > 生涯学習 > 第45回人権フェスティバルを開催します

第45回人権フェスティバルを開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

同和問題をはじめとする、あらゆる差別をなくし、一人一人が大切にされるまちづくりを進めるため、第45回人権フェスティバルを開催します。

講演会では、大阪教育大学非常勤講師の土田光子さんをお招きしてお話しいただきます。

「子どもと深く向き合いながら、子ども話をじっくり聞ける教員に」-同和地区にある中学校の一担任として、家族のようにつながりあう学級づくりを実践してきた講師が、人権・同和教育の理念を生き生きと伝えます。

人権・同和教育の関係者をはじめ、子育てに携わるすべての皆さんにぜひ聞いていただきたい講演会です。どなたでも参加できますので、ぜひお越しください。

日時

12月7日(土曜日) 午後1時30分~4時

場所

北斎ホール

内容

第一部 人権同和教育啓発ポスター・作文・標語入賞者表彰・発表(午後1時50分頃)

栗ガ丘小学校、小布施中学校の児童生徒の皆さんによる人権啓発ポスター・作文・標語の入賞者を表彰し、優秀作品を発表します。

第二部 講演会(午後2時30分頃)

演題 「自分を好きになる力・自分を活かそうとする力 ~とじられた殻がみずみずしく開かれるまで~」

講師 土田光子さん

土田光子

講師プロフィール

1977年より35年間、大阪府において中学校国語科教諭として勤務。在職中は「子どもたちが教室で見せる姿の背景には一人ひとりが抱える暮らしがある」という原則を大切に、生活丸ごとでつながる集団づくりに取り組んできた。2012年より、大阪教育大学非常勤講師、現在に至る。著書には、「私を創ったもの」(明治図書)「子どもを見る眼」(解放出版社)などがある。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。