ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 総務課総務係 > 「警戒レベル」を用いた避難情報について

「警戒レベル」を用いた避難情報について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月10日更新

「警戒レベル」を用いた避難情報について

 西日本を中心に甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」を踏まえ、内閣府は「避難勧告等に関するガイドライン」の改定を行いました。
 この改定を受け、気象庁は、令和元年の出水期から、水害・土砂災害の防災情報を5段階の「警戒レベル」として提供することになりました。

警戒レベル

避難行動等

避難情報等

警戒レベル5

既に災害が発生している状況です。
命を守るための最善の行動をとりましょう。

災害発生情報
(町が発令)

警戒レベル4
全員避難

速やかに避難先へ避難しましょう。
公的な避難場所までの移動が危険と思われる
場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全
な場所に避難しましょう。

避難勧告・避難指示(緊急)
(町が発令)

警戒レベル3
高齢者等は避難

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障がいの
ある方、乳幼児等) とその支援者は避難をしま
しょう。

避難準備・高齢者等避難開始
(町が発令)

警戒レベル2

避難に備え、ハザードマップ等により、自らの
避難行動を確認しましょう。

洪水注意報・大雨注意報
(気象庁が発表)

警戒レベル1

災害への心構えを高めましょう。

早期注意情報
(気象庁が発表)

 身の回りで危険を感じたら、町から避難情報の発令を待たずに、自主的に避難するよう心がけましょう。
 【警戒レベル4 避難勧告】が発令されたら、速やかに避難をしましょう。

 「警戒レベル」に係るチラシ(内閣府) [PDFファイル/7.09MB]

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)