ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 生活・福祉・健康 > 防災・安全 > 防災 > 全国瞬時警報システムの全国一斉情報伝達訓練

全国瞬時警報システムの全国一斉情報伝達訓練

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月23日更新

全国瞬時警報システム(Jアラート)の全国一斉情報伝達訓練を実施します

全国瞬時警報システム(Jアラート)は、弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報等、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を人工衛星及び地上回線を用いて国から送信し、市町村防災行政無線等を自動起動することにより、国から直接住民に対し緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

緊急時における住民への迅速かつ確実な情報伝達のため、全国瞬時警報システム(Jアラート)の全国一斉情報伝達訓練を下記のとおり実施いたしますので、ご理解とご協力をお願いします。

実施日

平成30年11月21日水曜日 午前11時

※当日の災害発生状況や気象状況等により、中止または延期になる場合があります。

実施場所

  • 防災行政無線 屋外スピーカー
  • 戸別受信機

放送内容

(上りチャイム) 「これは、Jアラートのテストです」×3回  「こちらは、小布施町です」 (下りチャイム)

※定期試験放送では、実際のJアラートで流れるサイレンは鳴りませんので、ご承知おきください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。