ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 財務課税務会計係 > 罹災証明と被災証明を交付します

罹災証明と被災証明を交付します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月15日更新
台風19号による水害により家屋等への被害を受けた場合、公的支援の手続きや保険請求の手続きのために、町で発行する証明書が必要になる場合があります。こういった場合、町では「罹災証明書」または「被災証明書」を発行しています。

罹災証明書

自然災害による居住のために使っている家屋の被害程度を証明するものです。公的支援の手続きや保険請求時に提出を求められる場合があります。 証明書の発行にあたり「災害にかかる住家の被害認定基準運用指針(内閣府)」により、家屋の被害状況について町の職員が現地調査を行い被害程度を証明します。 住家については、この判定により各種支援の内容が変わってきます。

交付について

ご自宅が浸水被害に遇い罹災証明が必要な人は小布施町役場財務課(電話026-214-9103)までご連絡ください。日程を調整の上、順次家屋の現場調査を行います。

被災証明

自然災害による物件等の被害について写真等で確認し、被災者から被災の届出があった旨を証明するものです。このため、「住宅被害認定調査」は行わず、被害程度についても判定しません。 「被災証明書」は、被害程度の判定を必要としない住宅の被害、倉庫、工場、店舗、家財(家具・家電等)、塀・門などの工作物についてこちらで対応しています。

交付について

必要な方については、「被災証明交付申請書」にて小布施町役場財務課まで提出してください。

お願い

「罹災証明書」の発行のための家屋等の調査は電話でご連絡いただき、日時を調整した上で順次行う予定です。迅速な証明書発行のため、住宅の平面図、被災後まもなくの損傷部分の写真がありましたら、ご提供をお願いします。

証明願 様式

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。