介護保険制度について

介護保険制度は、介護が必要な高齢者等を社会全体で支える制度です。平成12年4月から始まりました。
介護保険制度ができた背景は、介護を必要とする人が増加する一方で、核家族化が進み、家族だけでの介護が困難な状況になってきたためです。

この制度は、お住まいの市町村が保険者として運営し、国・県・市町村の公費、被保険者の保険料で費用を分担しあい、介護が必要になったときに、サービスを利用できるというものです。
保険料は、40歳以上の人全員が被保険者として加入、ご負担いただいています。

16619_34826_img.jpg

加入の区分は、65歳以上の第1号被保険者、40歳から64歳の第2号被保険者に分かれ、保険料やサービスを受ける場合の条件に違いがあります。
なお、介護保険の被保険者証は、第1号被保険者になった時に発行しています。第2号被保険者には、要介護認定を受ける時に発行します。

介護保険制度については、WAMNETでわかりやすく解説しているほか、厚生労働省のホームページでも情報提供していますので、ぜひご覧ください。

WAMNET制度解説コーナー

厚生労働省 介護保険制度の概要

小布施町の介護保険・総合事業サービス利用の手引きは、こちらのリンクをご覧ください。

小布施町の第1号被保険者の介護保険料は、こちらのリンクをご覧ください。

カテゴリー

お問い合わせ

健康福祉課 地域福祉係

電話:
026-214-9108